クルマ グーネット

オデッセイアブソルート・EX(ホンダ)の買取・査定相場一覧|オデッセイアブソルート・EX(ホンダ)を高く売るポイントをご紹介

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

ホンダ オデッセイ アブソルート・EXの査定相場を調べる

ホンダ オデッセイ

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

ホンダ オデッセイ アブソルート・EX 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥1,597,000~¥2,179,000

平均使用年数9年

平均走行距離80190km

平均レビュー満足度

※2019年12月更新

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

オデッセイの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

ホンダ オデッセイの査定価格の変動について

2017年6月は横ばい傾向でした。アブソルート系は引き合いが強い反面、ベース系グレードは成約率が低い傾向です。また、走行6-7万kmの車両は敬遠される傾向が強まっています。

2017年4月は横ばい傾向でした。中古車市場では小売成約率も高いため、AA相場も横ばい基調が続いています。アブソルート系とそれ以外で二極化の様相が強まっている傾向です。

2016年2月は下落傾向でした。高い価格帯を維持しながら、上下動を繰り返しています。ハイブリッドモデルが発売されましたが、買い替えなどによる影響は少ないと思われます。

低ルーフミニバンの火付け役 オデッセイ

■低ルーフミニバン人気を作った車

低ルーフミニバンをひとつのジャンルとして定着させた車といっても過言ではないのが、このホンダのオデッセイです。
オデッセイは1994年に初代モデルが作られ、現在で5代目モデルが発売されているのですが、初代モデルはいわゆる低ルーフミニバンではなく、かといってトールミニバンでもないといった中途半端な全高を持っていました。
更に国産ミニバンでは必需品となるスライドドアは持たず、すべてのドアがヒンジドアとされていたことから他のミニバンとは違う形で受け入れられていました。

実はこれが日本での低ルーフミニバン人気の始まりです。
それまでワンボックスワゴンのようなスタイルを敬遠していた人たちにも、セダンモデル感覚で乗れるということで人気が広まりました。
特により一層全高が低くされたRB1型、RB3型は人気が高く、ブームを巻き起こしました。

そして現在、オデッセイはさらなる進化を遂げています。
低ルーフミニバン路線に区切りをつけ、同じくホンダのエリシオンと統合する形で低ルーフミニバンとトールミニバンの要素を併せ持つミニバンとして発売されるようになりました。


■現在でも根強い人気を誇っている

上記の通り、現在では以前とがらっとそのスタイルを変えたオデッセイですが、中古車市場においては低ルーフ時代のタイプのものも根強い人気を誇っています。
独特の低ルーフが特徴であったオデッセイは、現在のモデルにはない魅力を求めて、その変化を惜しむ人たちから人気が集まっているのです。

また、エアロパーツや車高、ホイールなどに手を加える、カスタム、ドレスアップ車としての顔を持つのもオデッセイの特徴です。
中古で購入した自動車を自分仕様にカスタムするのが趣味という人たちにとって、オデッセイは定番の車のひとつといえます。
また、前オーナーのこだわりのカスタムがそのままに中古市場に出回っていることも少なくありません。

根強い人気を誇るオデッセイを高く売るにはオプションに注目!

ホンダのオデッセイを良い価格で売るためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。
最新の5代目のオデッセイが中古市場で高い価値を持つことは言うまでもありませんが、それ以前のモデルも工夫次第では満足のいく価格で売ることが可能です。

3代目のオデッセイは登場から10年以上経っているモデルですが、現在でも中古市場でも根強い人気があります。
これは、オデッセイがドレスアップカーとしての特徴を持つためです。
そこで、この3代目オデッセイを良い価格で売るためのポイントとして注目したいのが、アルミホイールをはじめとしたオプションパーツ。
これがあるのとないのでは、大きく買取額に差が出てくる可能性があります。

4代目のモデルについては、ホンダ純正のエアロパーツが付いているグレードかどうかというのも重要になります。
オデッセイの独特のデザイン性には多くのファンが付いているため、その魅力を最大限引き立てるオプションが付いている車体は、中古市場においても高い価値が付きやすいと言えるでしょう。
また、1代目のモデルについては、リリースから長い年数が経っていることから高価買取は難しいといえますが、なるべく車体をきれいに保っておくことで値が付く可能性はあります。

ボタン

ホンダ オデッセイアブソルート・EX
(平成27(2015)年1月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ミニバン・ワンボックス
ドア数 5ドア
乗員定員 8名
型式 DBA-RC2
全長×全幅×全高 4830x1820x1715mm
ホイールベース 2900mm
トレッド前/後 1560/1560mm
室内長×室内幅×室内高 2935x1625x1305mm
車両重量 1830kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

ホンダ オデッセイ の他グレード詳細を見てみる

英数
ア行
サ行
タ行
ナ行
ハ行

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グーネット買取】

PROTO 情報を未来の知恵に