クルマ グーネット

ヴェルファイア2.5Z Gエディション(トヨタ)の買取・査定相場一覧|ヴェルファイア2.5Z Gエディション(トヨタ)を高く売るポイントをご紹介

バナー
営業電話なし!あなたの買取相場がスグわかります。メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

トヨタ ヴェルファイア 2.5Z Gエディションの査定相場を調べる

トヨタ ヴェルファイア

※写真は特定のグレードのものを全グレードに共有しています。

トヨタ ヴェルファイア 2.5Z Gエディション 買取額シミュレーション

今月の買取参考価格¥3,403,000~¥4,039,000

平均使用年数5年

平均走行距離60300km

平均レビュー満足度

※2019年11月更新

愛車の情報を入力すると、さらに詳細な買取金額が分かります! メリット 営業電話なし! 過去30万台のデータから算出 無料で利用可能

ヴェルファイアの年式、走行距離を入力して買取相場を調べる

メーカーからお選びください

年式

グレード

おクルマの売却検討状況

郵便番号(半角)

メールアドレス
(半角英数)

排気量

cc

車体色

走行距離

次の車検

トヨタ ヴェルファイアの査定価格の変動について

2017年2月は上昇傾向でした。全体的にパール・黒の少走行が多いためか色や走行距離などの条件を外すと安値になる傾向です。また本革の価値が高まっている傾向が窺えます。

2017年1月は上昇傾向でした。エアロ付のZ系の人気が高く、X系の安値傾向が窺えます。1年落ちの流通が多く、年式間の価格差も縮小傾向が窺え、今後は下落が予想されます。

2016年9月は下落傾向でした。10万km超の過走行車が増加したことが要因のようです。少走行車は高値傾向が継続中です。また、白・黒とそれ以外での色格差も拡大傾向が窺えます。

2016年7月はほぼ横ばい傾向でした。既に先代モデルですが人気車種のため、安定した相場になっています。今後もしばらくはパール・黒を中心に横ばい傾向が続く見込みです。

2016年5月は上昇傾向でした。流通する車両条件によって相場が上下動する傾向です。10万km超の車両で漸く100万を切るものも出てきたため、今後は緩やかな下落が予想されます。

2016年2月は下落傾向でした。フルモデルチェンジから1年を経過しても高い価格帯の維持が続いています。3月以降の下落も大きくはならないと思われます。

2015年12月は下落傾向でした。流通台数、成約率共に先月と比較し減少しており、取引額も例年通りの下落だと考えられます。今後は繁忙期に向けて上昇すると思われます。

アクティブな暮らしを支えるトヨタ・ヴェルファイア

■トヨタ・ヴェルファイアは高級感漂う内装が魅力

トヨタのヴェルファイアは、アクティブでありながらラグジュアリー感も追求できる、そんな特別な魅力の詰め込まれた一台です。
高級車といえばセダンタイプが有名ですが、このトヨタ・ヴェルファイアは7人乗りの2WDとなっています。
上質なのですが、それ以上にパワフル、インパクトといった言葉が似合う、男らしいモデルに感じられます。
アウトドア派の男性、家族のファミリーカーなどとして、あらゆるシーンにフィットすることでしょう。

中でも特徴的な点としては、内装のインテリアやシートでしょう。
ゴツゴツしい2WDの外装とは裏腹に、まさに高級車といえる気品があちらこちらに散りばめられており、高級志向の要求も見事叶えてくれそうです。
セミアニリン本革のラグジュアリーな質感や、オリーブ・アッシュバール木目調のパネルなどは、一般的な自動車と一線を画します。
まさにハイクラスの乗り物といって過言ではない、贅沢さが味わえるでしょう。
またハンドルも本革巻き4本スポークステアリングホイールに木目調がプラスされた仕様となっており、運転の心地よさも大いに期待できます。


■トヨタ・ヴェルファイアは迫力満タンで高機能

もちろん、外観についても妥協はありません。
インパクトあるゴツゴツしいシルエットの中に、洗練されたディテールが各部に感じられてなりません。
するどい目つきのフロントライトは、まるで大型の獣のような迫力すら味わわせてくれます。
新鋭モデルである特別仕様車「GOLDEN EYES」については、このライト部にゴールドのアクセントがあしらわれており、そんな迫力がまた一層強調されています。

またトヨタ・ヴェルファイアには、豪快な部分とは対照的な繊細な魅力も多数見られます。
低燃費と環境配慮を追求した2.5L 2AR-FXEエンジンや、振動抑制に繋がるバランスシャフト、シリンダーブロックの高剛性化などによる静粛性、走りのスムーズさ、安定性に繋がるE-Four(電気式4WDシステム)用リヤモーターなど、こだわりが各所に窺えます。
アクティブなアウトドア派も、洗練された走りを追及する機能派も、満足必至でしょう。

査定でトヨタ・ヴェルファイアの高評価を目指すなら

トヨタ・ヴェルファイアの査定額をより高くするためにも、改めてどういった車種なのかを振り返ってみましょう。
トヨタ・ヴェルファイアは、初代の登場が2008年と、すでに10年近く愛され続ける、人気の高いモデルでもあります。
その迫力溢れる外観に加えて、7人乗りという高機能な面もある、ファミリー車としても人気の高い車種がこのトヨタ・ヴェルファイアです。
査定時には、ぜひこの車種にあった準備のもと持っていくよう心がけてみてください。
なぜならばしっかりと査定に備えておくことで、その分金額アップが期待できるためです。

たとえば、世代それぞれの人気について知っておくことも大切です。
トヨタ・ヴェルファイアは、いくつかの世代、種類において多数展開されています。
そして、それぞれの世代において、人気に違いが見られます。
もちろん、より走行距離が短いであろう最新モデルに近いものの方が高額査定に期待しやすいといったところですが、その世代をより好条件で取り扱うお店が見つかれば、より高額査定につながると言えるでしょう。

また、アクティブな印象の車であることから、アウトドアや遠出などにも役立てる人が多いトヨタ・ヴェルファイアですが、その分、汚れやキズなどもつきやすいのが実際のところです。
査定前には、そうした印象を少しでも和らげるべく、洗車や車内・トランクなどの整理、掃除などをおこなっておくことで、より査定額アップにつながるでしょう。
簡単にとれるような汚れでも、あるのとないのでは査定スタッフへの印象が異なってきます。
より綺麗な状態で買取査定をしてもらうことで査定額アップを狙いましょう。

ボタン

トヨタ ヴェルファイア2.5Z Gエディション
(令和元(2019)年10月)カタログ・スペック情報(現行モデル)

ボディタイプ ミニバン・ワンボックス
ドア数 5ドア
乗員定員 7名
型式 DBA-AGH35W
全長×全幅×全高 4935x1850x1950mm
ホイールベース 3000mm
トレッド前/後 1575/1570mm
室内長×室内幅×室内高 3210x1590x1400mm
車両重量 2070kg
  • ※2004年4月以降の発売車種につきましては、車両本体価格と消費税相当額(地方消費税額を含む)を含んだ総額表示
    (内税)となります。

トヨタ ヴェルファイア の他グレード詳細を見てみる

英数

レビュー評価が
高いお店

車買取・車査定は【グーネット買取】

PROTO 情報を未来の知恵に