車を所有していると自賠責保険への加入は必須であり、同時に自賠責保険証も常に携帯しなければなりません。そのため、万が一紛失してしまったら速やかに再発行手続きを取る必要があります。

では、紛失した状態で放置しておくとどうなるのか、また再発行はいつまでにするといいのでしょう?具体的な再発行の方法について説明していきます。

また、原付バイクなどは自賠責保険証と一緒にステッカーが交付されます。こちらを紛失した場合の対処法も説明します。

自賠責保険証は紛失したら再発行する

車やバイクを運転する場合は、自賠責保険への加入が義務となっています。その自賠責保険に加入しているという事実を証明するものが「自賠責保険証」です。

公道を走行する際は自賠責保険証を携帯していなければならず、これに違反すると厳しく処罰されます。

では、万が一自賠責保険証を紛失してしまったらどのような不利益が考えられるのでしょう?そして、再発行する場合はどのような書類を準備してどこで手続きをすべきなのでしょう?

以下で詳しく見ていきましょう。

自賠責保険証とは?

自賠責保険証とは?
車を運転する人が必ず加入するのが自賠責保険ですが、その加入の事実を示す唯一の証明書がこの自賠責保険証です。自賠責保険証を紛失すると、さまざまな問題が生じます。

ここからは、自賠責保険証の内容について詳しく説明していきます。

自賠責保険証の内容

自賠責保険は、正式には「自動車損害賠償責任保険」といいます。交通事故を起こした際に、被害者に対する最低限の賠償を可能とする保険です。

これは国の政策で運用されており、全国どこでも内容は一律です。バイクを含む車のドライバーは、加入が必須となっています。

自賠責保険証は、自賠責保険に加入している事実を証明する書類です。その記載内容は以下の通りです。

  • 車の情報
  • 保険期間
  • 契約者の情報
  • 支払われた保険料の金額
  • 契約している損害保険会社の名称 など
いつ・どこで発行されるのか

自賠責保険証は、保険料を支払って加入・更新の手続きを行えば、原則として即日発行されます。

ただし、加入・更新の手続きはさまざまな場所で行うパターンがあり、それぞれ手続きの流れが微妙に異なります。

まず最も多いのが、普通乗用車の新車登録時に自賠責保険に加入し、数年おきの車検の際に更新をするパターンです。ディーラーや車検業者によって自動的に手続きが行われます。

保険料も車の購入代金や車検代に含まれており、手続きが行われたことをユーザー側が意識していないことも珍しくありません。

次に、原付バイクなど車検を受ける必要がない検査対象外軽自動車の場合、ユーザーが損害保険会社の窓口や代理店、コンビニや郵便局でそれぞれのやり方に沿って加入・更新の手続きを進めます。

いずれにしても、手続きが済めば自賠責保険証はその場で交付されます。

唯一の例外がWebで手続きをした場合で、自賠責保険証・領収書・自賠責ステッカーともに後日郵送となります。

自賠責保険証がないと何が問題なのか

自賠責保険証の内容や発行のタイミングについて説明しましたが、もし自賠責保険証を紛失すると、どのような不利益があるのでしょう?

まず大切なのは、公道を自動車やバイクで走る時は必ず自賠責保険証を携帯しなければならない点です。

運転時の自賠責保険証の携帯は、法律(自動車損害賠償保障法)によって定められたドライバーの義務となっています。そのため、普通乗用車の場合は、車検証などと一緒にダッシュボードに保管されていることが多いです。

また原付バイクや250cc以下以下のバイクの場合は、自賠責車検証の他にナンバープレートに自賠責ステッカーを貼らなければなりません。

これらの条件を満たさずに公道を走行していることが発覚すると、刑事罰や行政処分を受けることがあります。

紛失したままだとどうなる?

紛失したままだとどうなる?
ここまでで、自賠責保険証の内容や発行されるタイミング、そして取り扱いについて説明しました。

それでは、自賠責保険証を紛失してそのまま放っておくとどのような不利益を被ることになるのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

運転しないなら問題はない

自賠責保険証を紛失していること、そのものは違反ではありません。そのため、紛失した状態でも車を公道で運転しないのであれば問題ありません。また、私道であれば保険証なしでも走行することができます。

しかし、自賠責保険証を持たないまま少しでも公道を走れば、違反となり処罰されます。

また、自賠責保険証がないと車検を受けることもできないので、紛失したままだと私道での運転以外は何もできないと考えていいでしょう。

運転すると処罰を受けることも

自賠責保険証を携帯していない状態で公道を走行すると処罰されると前述しました。では実際に保険証の不携帯が発覚した場合、どのような処罰を受けるのでしょう?

まず、単なる不携帯であれば30万円の罰金となります。

そして、自賠責保険証を不携帯で自賠責保険そのものにも加入していないことが判明すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、そして違反点数が6点となります。

違反点数6点だと一発免停となるので、その重要性が分かります。

現実には何の理由もなく警察に呼び止められて、自賠責保険証の有無をチェックされることはほとんどありません。しかし、何らかの事故を起こしたことが理由で保険証の不携帯が判明したとなれば、事故を起こしたことによるペナルティも重なるでしょう。

なお、原付バイクや250cc以下のバイクの場合は、ステッカー等で自賠責保険に加入している事実が確認できれば問題ないとされるケースもあるようです。しかし、それはごく例外的な扱いとなるため、保険証は必ず携帯しておきましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら

自賠責保険証の再発行手続き

自賠責保険証の再発行手続き
自賠責保険証を紛失したままだと車検が受けられず、その状態で公道を走行すると処罰されることもあると分かりました。

では、保険証を紛失したら、どのような手続きを踏んで再発行するのでしょうか?

以下で詳しく見ていきましょう。

再発行するタイミング

紛失した自賠責保険証を再発行すると、ほとんどの場合、その場で即日発行されます。

ただし、電話や郵送、Webで再発行手続きをすると、保険証が届くまで1~2週間かかります。それを考慮した上で、速やかに行いましょう。

有効期限が切れる前に手続きを

車やバイクを運転している限り、自賠責保険は常に加入している状態を保っていなければなりません。そのため、紛失した自賠責保険証を再発行する際に注意すべきなのは、有効期限が切れる前に手続きを済ませる必要があるという点です。

自賠責保険証を紛失している状態で有効期限が切れてしまうと、そもそも再発行手続き自体ができません。そうなると、改めて加入の手続きを行わない限り、その自動車で公道を走ることはできなくなります。

もちろん有効期限が切れる前でも、再発行された自賠責保険証を入手するまでの間はその車を運転することはできないので注意が必要です。

保険証の紛失に気付いたら、まずは自賠責保険の有効期限を確認しましょう。

ちなみに、車検の際に加入する自賠責保険も、その有効期限が車検期間を必ずカバーできるように、一カ月分だけ多めに契約することになっています。

このように、自賠責保険の有効期限はあらゆるシーンで注意を払う必要があります。

再発行手続きが不要なケース

自賠責保険証は紛失したら再発行するのが原則ですが、例外もあります。場合によっては再発行せずに新たに自賠責保険に加入することで、新しい自賠責保険証を入手できるからです。

まず、普通乗用車で車検切れが近いタイミングで自賠責保険証を紛失した場合、再発行はせずにあえて新しい自賠責保険に加入して二重契約する方法があります。二重契約は法的にも全く問題ありません。

新しく契約すれば自賠責保険証を入手できるので、公道を運転することが可能です。そして車検を受けて、先に加入していた方の契約を更新すると新たな証書が発行されるので、その後で二重に契約したほうの契約を解約します。

また原付バイクなどの検査対象外軽自動車は、有効期限が切れる前に損害保険会社から通知ハガキが届きます。その時点で保険証を紛失していても、通知ハガキを使ってコンビニなどで契約更新してしまえば、新しい証書とステッカーを受け取れます。

どこで再発行してもらうか

自賠責保険証を再発行してもらう場合、手続きは基本的に損害保険会社の窓口でしか行えません。しかし、直接窓口に赴く必要はなく、電話やWeb上で手続きすることも可能です。

むしろ昨今はコロナ感染対策として、直接窓口に来店するよりも各社でリモートでの手続きを推奨しています。

また保険会社によってはその会社の代理店で行うこともできます。いずれの場合も再発行にかかる手数料はかかりません。

もしも再発行理由が紛失ではなく、汚れたり破れたりした場合であれば、現物も提出することになります。

ただし、自賠責保険の加入・更新手続きは全て業者任せで、自分がどの損害保険会社と契約しているか分からないこともあるでしょう。その場合は、車を購入した業者や車検を行った業者に問い合わせてみてください。

どうしても契約先の損害保険会社が分からないこともあるかもしれません。そのようなときは、目ぼしい会社に一件ずつ問い合わせて確認しましょう。

再発行手続きで必要なもの

自賠責保険証の再発行手続きで必要なものとして、まず再発行申請書が挙げられます。損害保険会社の窓口に設置してありますが、電話での取り寄せやWebでのダウンロードが可能な場合もあります。

また、シャチハタ以外の印鑑と運転免許証などの身分証明書も必要です。さらに、契約している車の情報を確認するために車検証も提出を求められることがあるので、用意しておくといいでしょう。

再発行の理由が、紛失ではなく、汚れたり破れたりした場合であれば、損傷した保険証も準備します。損傷した保険証と交換する形で再発行されるので、直接窓口に行かずにリモートで手続きをする場合は、これを含めた書類一式を送付することになります。

また、自賠責保険の契約者以外の第三者が手続きをする場合は委任状も必要です。

その他の細かい点は保険会社によって異なることがあるので、あらかじめ電話などで直接問い合わせて確認しておくと間違いないでしょう。

自賠責保険証を紛失するケース

自賠責保険証を紛失するケース
ここまでで、自賠責保険証を紛失した場合のリスクと、再発行の方法などを見てきました。

では、自賠責保険証を紛失するケースとして、具体的にどのような場合が考えられるのでしょう?

以下では、「盗難」と「事故」の2つのパターンを紹介します。

盗難に遭った

自賠責保険証は保険加入の証明書なので、他人のものを悪用することも可能です。そのため、盗難によって紛失してしまうこともあり得ます。

その上、車やバイクごと盗まれたのであれば、すぐ気付くので再発行することに気が回りますが、保険証だけを盗まれてしまった場合は、すぐに被害に気付かないケースもあります。

特にバイクの場合はメットインに収納しておくことが多いので、盗難や汚損・破損のリスクも高いです。そのため、バイクの場合は保険証の原本ではなく、コピーを携帯したほうがいいという意見もあります。

盗難に遭ったら、まずは警察に相談しましょう。もしも車ごと盗まれたのであれば、自賠責保険証の再発行以外にも、車両の一時抹消登録なども検討する必要があります。

事故に遭った

自賠責保険証を紛失するケースとして、盗難以外にも事故に遭遇した場合が挙げられます。

ちょっとした接触事故などでは自賠責保険証が破損することはあまりありませんが、車両火災や水没などで完全に失われることもあります。事故で燃えてしまったり、泥水に浸かったりして完全に破損した場合は、紛失したものとして再発行しましょう。

ただ、少し汚れてしまった、少し破れてしまったという場合も再発行すべきなのかは微妙なところです。

こうした証書は紛失・汚損・破損した場合は、必ず再発行すべきと言われることもあります。しかし、実際には多少汚れてしまった、保険証ではなく領収書の部分などが破けてしまったという理由で、再発行手続きを行う方はほとんどいないとされています。

完全に識別不能になったり、重要部分が破けて失われたりしたのでなければ、事故で汚損・破損しても再発行はしなくても問題はないかもしれません。

不安な場合は一度、契約先の損害保険会社に問い合わせてみましょう。

自賠責ステッカー(保険標章)にも注意

自賠責ステッカー(保険標章)にも注意
ここまでで、自賠責保険証のことだけを説明してきましたが、原付などの一部のバイクは、保険証の携帯と同時に自賠責ステッカー(保険標章)というステッカーをナンバープレートに貼る義務があります。

このステッカーも保険証と同レベルの重要物なので注意が必要です。

ステッカーだけ紛失した場合

車検を受ける必要がない原付バイクや250cc以下のバイクは、「検査対象外軽自動車」と呼ばれます。

こうした車両は公道を走る際、自賠責保険証を携帯するだけではなく、ナンバープレートに自賠責ステッカー(保険標章)を貼っておかなければなりません。

しかし、このステッカーも雨風にさらされて破れたり、貼る際に失敗して貼り直したため剥がれやすくなったり、あるいはイタズラで剥がされたりすることがあります。

その場合は、損害保険会社に電話をすればすぐに送ってくれるでしょう。ただし、手続きの際に自賠責保険の契約内容などを確認されるので、保険証も準備した上で手続きをしてください。

ステッカーが届くまでの間は、その車両は運転しないのがベストです。実際にはステッカーが貼られていない状態でも、自賠責保険に加入していることを証明できれば起訴には至らないケースも多いでしょう。

しかし、ステッカーなしでの走行はあくまでも違反だということは忘れないでください。

ステッカーも自賠責保険証も紛失した場合

次に、自賠責保険証と自賠責ステッカーの双方を紛失してしまった場合です。

それぞれ別々に紛失したというケースや、車ごと盗難や事故に遭って紛失した、もしくは焼けたり水没したりしたケースが考えらます。

この場合も再発行手続きを行いますが、再発行されたものが届くまでの間はバイクに乗らないようにしましょう。

この状態でもし警察に見つかった場合、自賠責保険に加入していることを証明するのは難しいです。損害保険会社に確認を取れば不可能ではありませんが、とても時間がかかるでしょう。

一方、車ごと盗難や事故に遭って紛失し、車両も失ってしまった場合は、警察に届けるのとあわせて、一時的に廃車扱いにする一時抹消登録を検討してください。

もしも新しいバイクを購入するのであれば、前と同じタイプの車両に限り、自賠責保険の契約内容を引き継ぐこともできます。

まとめ

①自賠責保険証は紛失したらすぐに再発行する
②自賠責保険証には契約内容が詳しく記載されている
③自賠責保険証を携帯せずに公道を走ると処罰され、車検も受けられない
④自賠責保険証の再発行手続きはすぐに行うべきだが、状況によっては不要な場合もある
⑤再発行手続きは各損害保険会社のみで受け付けている
⑥バイクの場合は自賠責ステッカー(保険標章)にも注意する

※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。