車検には有効期間があり、それを過ぎるとさまざまな手間が生じます。期間が延長できればいいのですが、車検の有効期間の延長はごく僅かな例を除いてできません。

そのため、有効期間の満了日を逃してしまわないよう、車検の種類や車種ごとの有効期間の違いを踏まえて自分の車がどれに該当するのかしっかり覚えておく必要があります。

車種ごとの有効期間の相違や、有効期間の延長ができない理由などを説明するので参考にしてください。

車検の有効期間について

車検には有効期間があります。次の車検(継続検査)を受けないまま有効期間の満了日を迎えてしまうと、その車は車検切れになってしまいます。

車検切れそのものは違法ではありませんが、公道を運転することができなくなるため、さまざまな面倒が生じます。

車検切れを起こさないためにも、自分の車の車検有効期間を覚えておくことが大切です。また、車種や車検や検査の内容による有効期間の違いなども覚えておけば、いざという時に役立つでしょう。

そして、万が一車検切れになった場合の注意点や対処法なども説明していきます。

そもそも車検の有効期間とは?

そもそも車検の有効期間とは?
車検とは「自動車検査登録制度」の略称で、有効期間の満了日が定められています。

車検を受けない状態で有効期間が満了日を迎えてしまうと、その車で公道を走ることができなくなります。なぜかというと、車検制度は車が国によって定められている保安基準を満たしているかどうかをチェックするためのものだからです。

有効期間を過ぎると、その車の安全性が認められないことになってしまいます。そのため、車検切れになる前に車は車検に出さなければなりません。

満了日よりも前であればいつ検査に出してもいいことになっていますが、有効期間の2~3カ月前には予約を入れ、満了日1カ月を切る頃に車検を受けるのがベストタイミングです。

車種ごとの車検の有効期間の違いについて

車ごとの有効期間の違い
車検の有効期間は全ての車種について一律に決められているわけではなく、車種や用途によって異なってきます。

以下では、それを踏まえて、普通自家用車、バス・タクシー、貨物自動車、その他の車種について解説していきます。

自家用普通車

自家用普通車の場合、車検の有効期間は新車として購入した際、新規検査が3年、それ以後の継続検査が2年となります。最初の新規検査はディーラーで行ってくれるでしょう。

中古車を購入した場合は、以前のオーナーによって新車で購入された時点で最初の新規検査は終了しています。そのため、それから3年以上経っている中古車なら、後は2年ごとに継続検査を受けることになります。

バス・タクシー

バス・タクシーの場合、いずれも日常的に不特定多数かつ大人数の乗客・乗員を乗せて長距離を走ることになるため、車検の条件は厳しく、新規検査・継続検査ともに有効期間は1年と決まっています。

この期間は、車両が自家用か商用かの違い、また大型・中型・小型などサイズの違いに関わらず全て一律です。

また、バスには園児などの送迎に使われる幼児専用車や、バス形態の霊柩車など、様々なものがありますが、この区別にも関係なく全て期間は一律です。

タクシーの場合も、小型・普通車両の違いや、法人・個人・福祉タクシーの違い、それにセダン型やワゴン型などの違いがありますが、どのような車両であっても同じように、車検の有効期間は1年です。

バス・タクシーの場合は、シンプルに「毎年車検を受ける」と捉えると分かりやすいでしょう。

ちなみにタクシーは車検とは別に3カ月ごとの定期点検を行うことも義務付けられており、いかに安全性が重要視されているかが分かります。

貨物自動車

貨物自動車の場合は、車両総重量が8トン未満か8トン以上かによって車検有効期間が異なります。

  • 8トン未満の場合…新規検査が2年、継続検査が1年ごと
  • 8トン以上の場合…新規検査が1年、継続検査が1年ごと

普通自家用車などと比べると、有効期間が短いのが特徴的です。これは、貨物自動車が荷物の運搬等による車体の消耗・劣化が激しいからで、事故防止と安全確保の観点から期間が短く定められています。

貨物自動車にはボディサイズによる1ナンバーと4ナンバーの違いがあり、自家用・事業用・レンタカーなどの違いもありますが、こうした違いに関わらず車検の有効期間は一律です。

また、貨物車両には、特殊貨物車や大型特殊貨物車もあります。これらの特殊な構造を有している車両も、頻繁に整備・検査を行わないと重大事故を引き起こす可能性があるため、車検の有効期間も同じです。

その他の車種
新規・継続検査ともに有効期間が2年と定められている車種

例えば、フォークリフト、クレーン車、ホイールローダーなどの大型特殊車両がこれに該当します。

軽自動車のレンタカーの場合は新規・継続検査ともに2年ですが、普通自動車・小型自動車のレンタカーの場合は新規検査が2年、継続検査はさらに短く1年となっています。

また、キャンピングカーや三輪車(トライク)で250cc以上のものも新規・継続検査ともに2年です。

検査対象外軽自動車に定められている車種

検査対象外軽自動車とは、自動車として分類されているものの車検が不要な車種のことです。

例えば、排気量が125cc以上・250cc以下のバイク(軽二輪)や、125cc以下の原付バイクもこれに当てはまります。また、トラクターやコンバイン、スノーモービルも車検は不要です。

ただし、車検が不要であっても自賠責保険への加入は必要だったり公道を走る場合は免許が必要だったりするものもあるので、注意しましょう。

愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら

車検の有効期間が変わるケース

車検の有効期間が変わるケース
ここまで、車検の有効期間について、その概要を説明しました。では、その有効期間が変わることはあるのでしょうか?

原則として「延長」は認められていませんが、場合によっては、延長・変更となるケースもあります。以下で詳しく説明していきましょう。

基本的に有効期間の延長はできない

車検の有効期間は、ほとんどの場合、延長することはできません。

例えば、車検を受けなければならないタイミングで、会社の命令で海外に出張していたとしても、やはり延長は認められないでしょう。

また、病気や怪我などで通院・入院しており、とても車検に車を持っていける状況ではないとしても、やはり有効期間の延長はできないこととなっています。

もしも何らかの用事が入ることが分かっているなら、前倒しで車検を受けるなどの手立てを講じるしかありません。

車検は満了日前であれば、半年前でも1年前でも受けることができます。ただ、それには後述するようなデメリットもあります。

そもそも、車検が切れること自体は法律違反ではありませんので、落ち着いて後日受けることを考えてもいいでしょう。

延長が認められるケース

車検の有効期間の延長は、ほとんどの場合できないと書きましたが、例外もあります。それは、台風や地震などの自然災害、感染症の流行などが発生した場合です。

そういった場合には、特例により延長が認められることもあります。この内容については、道路運送車両法にも明記されています。

実際、2019年10月に台風19号による被害が発生した際は、12の都県の一部地域において、車検の有効期間の延長が認められました。

このように、特例として有効期間が延長されるケースもありますが、自然災害も感染症も決して喜ばしいことではありません。やはり有効期間満了日までに車検を受けるのがベストでしょう。

車検を早く受けるとデメリットもある

車検は、有効期間の満了日前であれば半年前でも1年前でも前倒しで受けることができます。しかし、極端に早く車検を受けることで生じるデメリットもあります。

あまりに早く車検を受けると、次の満了日も繰り上げとなるので注意が必要です。

例えば、2年ごとに継続検査を受ける車両があったとして、満了日よりも2カ月早く車検を受けると、2年後の次の満了日もそれに合わせて2カ月繰り上がることになります。そうなると、前回支払った車検費用のうち、2カ月分が無駄になってしまいます。

一度満了日が繰り上がると、次回からの有効期間もそれを基準とした2年周期となってしまうので注意しましょう。

有効期間がずれて前回の車検費用の一部が無駄になるケースとしては、車検の有効期間がリセットされてしまう「構造等変更検査」を受ける場合も挙げられます。特殊な形で車検を受ける場合は、こうした点も考慮に入れる必要があるでしょう。

車検の種類ごとにも有効期間がある

車検の種類ごとにも有効期間がある
ここからは、車検の種類ごとに有効期間の内容を確認していきましょう。

車の検査には新規検査、継続検査、予備検査・構造等変更検査などがあります。それぞれに有効期間がありますので詳しく説明します。

新規検査・継続検査の場合

車検と言えば新規検査・継続車検のことを指す場合がほとんどです。

新規検査

新規検査とは、新車登録の手続きとして行われる検査です。検査を受けることで車検証が発行され、ナンバープレートも交付されます。

新規検査の有効期間は3年です。

これは新車に限らず、一時抹消登録によって廃車となった中古車を再登録する際も行われます。(中古の場合は新規であっても2年)

継続検査

3年後に検査を受けてそれ以降は2年ごとに車検を受けます。有効期間をそのつど延ばしていくことになり、これが継続検査と呼ばれるものです。

ただ、この「新規検査3年、継続検査2年」というサイクルは、自家用乗用車に代表されるごく一般的な車種になります。

レンタカー、大型特殊車両、バス・タクシーなどの場合、このサイクルが異なってくるのは先述した通りです。

有効期間だけではなく、ナンバープレートの有無も新規検査と継続検査の大きな違いです。新規検査は車検証やナンバーを取得して、その車が公道を走れるようにする手続きの一環だと考えるといいでしょう。

予備検査・構造等変更検査の場合

新規検査・継続検査以外の車の検査の種類として、「予備検査」「構造等変更検査」があります。

予備検査

予備検査は、ナンバープレートがついていない車を検査し、新車登録をスムーズに進めるための事前検査のことです。

予備検査に通ると「自動車予備検査証」が発行され、これをもって正式に新規登録手続きや名義変更、税金の支払いなどの手続きができます。

自動車予備検査証の有効期間は3カ月なので、その間に手続きを終えなければなりません。

構造等変更検査

構造等変更検査は、車を大幅にカスタマイズ(改造)して、もともとの車の形状が大きく変わった場合に受けることになります。

「車が生まれ変わったので最初から車検を受け直す」と考えればいいでしょう。

車検の受け直しなので、前回までの車検はいったんリセットされ、それ以降は2年周期で継続検査を受けます。そのため、前回の車検の有効期間がまだ長い期間残っていると、損になることもあります。

車検の有効期間のタイプはいくつか種類がある

車検の有効期間のタイプはいくつか種類がある
車検の有効期間は、満了日を過ぎると公道を走れなくなるタイプのものと、それ以外に注意が必要なタイプのものに大別できます。

以下では、それぞれを詳しく説明していきます。

車検切れになると公道を走れなくなる有効期間

車検の有効期間の種類として、もっとも主なものは満了日を過ぎると公道を走れなくなるタイプです。

新規・継続検査ともに、車検を受けずに有効期間が延長されないまま満了日を迎えると、車検切れとなり公道での走行は禁止となります。

車検は、もともとその車が保安基準を満たしているかどうかを判断する手続きです。有効期間を延長しないまま満了日になると車の安全性が保証できないことになり、そのまま公道を走れば摘発対象になるでしょう。そのため、車検の有効期間は事前に把握しておく必要があります。

懇意の業者がいる場合は電話やハガキで知らせてくれることもありますが、車検シールを見れば簡単にチェックすることもできます。

その他の注意が必要な有効期間

新規検査と継続検査の他にも、有効期間に注意する必要がある検査があります。まず、車の新車登録のために事前に受けておく「予備検査」です。

この検査を受けて発行される「自動車予備検査証」の3カ月の有効期間が切れると、新規登録の手続きがスムーズにできません。

また、「構造等変更検査」を受けた場合は、前回受けた車検の有効期間がリセットされます。そのため、次の車検は構造変更の手続きが終わった時点から2年後、というふうにカウントし直すので注意しましょう。

またタクシーや重機などは、1年あるいは3カ月に1度などの周期で、定期的な検査を行うことが義務付けられています。特に安全性が求められる車両は、有効期間も細かく定められているのです。

車検の有効期限が切れてしまったらどうなる?

車検の有効期限が切れてしまったらどうなる?
最後に、車検の有効期間が満了日を迎えてしまい、いわゆる「車検切れ」になったらどのような問題が生じるのかを説明します。

大まかに分けると、公道を運転した際に摘発されること、車の移動にコストがかかることの2点に注意が必要です。

車検切れの場合の罰則について

車検切れの車で注意が必要なのは、その状態で公道を走ってはいけないという点です。これを破ると摘発対象となり、違反点数6点・30日間の免許停止・6カ月以下の懲役か30万円以下の罰金となります。

もしも前歴があれば免許取り消しになることもありますし、車検とあわせて自賠責保険の有効期間が切れていればさらに罪は重くなります。

自賠責保険は、車検と同時に加入するのが一般的なので、車検切れとあわせて切れてしまうことがほとんどです。

車検を受けるために仮ナンバーを取得すれば、公道を運転しても問題ありません。ただし、この場合も道路を走る目的は「車検のため」に限られます。また、仮ナンバーを使って走行できるルート・期間もあらかじめ決まっています。

車検切れ自体は違法ではありません。しかし、さまざまな面でデメリットとリスクが生じますので、車検の有効期間には日頃から注意しましょう。

車検切れの場合どのような問題があるか

車が車検切れになってしまうと、さまざまな問題が生じます。まず、そのままで公道を走ると摘発対象になることは前項で述べた通りですが、改めて車検を受けるとしても、どのようにして車を移動させるか考えなければなりません。

手段として考えられるのは積載車での移動ですが、これは自力で行うと大きなコストがかかります。業者に頼んでもいいですが、車検を受け付けている全ての業者が積載車での移動に対応しているとは限りません。

そのため、仮ナンバーの取得を検討してもいいでしょう。市町村役場で手続きをすれば、車検を受けるためという目的に限定して、一時的に公道を走れるようになります。

まとめ

①車検は、自動車が保安基準に適合することを定期的に確認するために行われる
②確認された安全性の有効期間が「車検の有効期間」である
③車検の有効期間は車種により異なる
④予備検査や構造変更検査など、検査の種類によっても有効期間は異なる
⑤原則的に有効期間の延長はできない。しかし、期間が変動したり、例外的に延長されるケースもある
⑥新規および継続車検の有効期間を過ぎた状態(車検切れ)で公道を走行すると処罰される

※本記事は公開時点の情報になります。
記事内容について現在の情報と異なる可能性がございます。
LINEで完結!車のプロに無料相談 賢く・納得な初めてのクルマ探しお手伝いします!
車の査定は何社に依頼するべき?
愛車の買取相場を知ることで高く売ることができます 愛車のかんたん査定はこちら
グーネット買取ラボ編集部
グーネット買取ラボ編集部

中古車の買取り、査定に関してのエキスパート集団です。車を高く買い取ってもらうコツや下取り、売却手続きに関する様々な疑問にお答えしていきます。