ニューモデル

2008/9/05(金) 10:30

ホンダは9月5日、高級セダン「レジェンド」に、新エンジンの採用や内外装のデザイン変更などのマイナーチェンジを施して発売した。また、新グレードとして、スポーティー仕様の「ユーロ」も設定した。

新たに搭載した新エンジンは、3.7リッターV型6気筒VTECで、最高出力は309psを誇る一方、10・15モード燃料消費率を8.5〜8.8km/lにおさえ、高出力と燃費性能を両立させている。

エクステリアに関しては、大型のフロントグリルや、スポイラー一体型のトランクフードを採用し、従来よりもワイルドさを強調したデザインとした。

また装備面において、ABS、トラクションコントロール、横滑り抑制を組み合わせた「VSA」を採用。さらに電動パワーステアリングの制御によって、車両の挙動が乱れたときでも安定したハンドル操作をアシストする「モーションアダプティブEPS」を搭載する。安全面では、衝突時にボンネット後部を瞬時に持ち上げて、歩行者の頭部への衝撃を軽減する「ポップアップフードシステム」を搭載している。

4WDシステムには、ギアを1速の状態から制御することで、日常域での旋回性能を高める「四輪駆動力自在制御システム(SH-AWD)」が採用する。

新グレードのユーロは、ブラッククロームメッキパーツや18インチアルミホイールの採用で、エクステリアをスポーティーに演出し、ステアリングホイールやATセレクトレバーに、本革&木目調を採用することで、高級感を高めている。シートには、赤のダブルステッチが施される。ユーロ専用ボディーカラーとしは、新色の「シルバージェイド・メタリック」が設定された。

メーカー希望小売価格は、555万円(税込)〜665万円(税込)。ユーロは、593万円(税込)〜635万円(税込)。

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報