ニューモデル

2008/8/29(金) 20:56

ホンダは8月28日、カーナビシステム「インターナビ」に、パイオニアの情報共有機能を搭載すると発表した。

この機能は、ナビ搭載車の実走から得られる渋滞などの道路状況(フローティングカー情報)を各車が発信・共有する。これを基に、最速のルート案内が可能となる。パイオニアでは「スマートループ」という名称で同様のサービスを提供している。

ホンダは2003年より独自でこのシステムをインターナビに実装しているが、同様の機能提供するパイオニアとデータ共有することで、機能向上とコストダウンを図る。

また、Yahoo!が提供するドライブ情報の取り込みや、目的地への短時間な到着だけでなく最も短い走行距離、最も燃料消費が少ないルート案内など、新たな機能も加える。

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報