ニューモデル

2018/10/24(水) 10:37

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月23日、「ザ・ビートル」の販売終了にともなう特別仕様車「マイスターシリーズ」を発売した。ザ・ビートルは、2019年に国内での販売が終了し、約80年の歴史に幕を下ろすことがすでに発表されている。同社では、ビートルファンに対する感謝の証として、「See You The Beetle キャンペーン」を実施しており、今回の特別仕様車はその第四弾となる。特別仕様車のマイスターシリーズは、ドイツ語で「職人」や「名人」を意味する「マイスター」という名称を車名に採用。その名の通り、職人のこだわりを反映させたモデルに仕上がっている。

マイスターシリーズのラインナップは、「ビートル マイスター」、「R-ライン マイスター」、「2.0 R-ライン マイスター」という3グレードで構成される。特別装備としては、パドルシフト付マルチファンクションステアリングホイール、2ゾーンフルオートエアコンを採用。足回りは、専用デザインの17インチアルミホイールを装着する。バイキセノンヘッドライト、純正ナビゲーションシステム「716SDCW」のほか、過去に限定車のみに採用されたリヤエンブレム内蔵型リヤビューカメラを全車に標準装備としている。

上級モデルとなるR-ライン マイスターと2.0 R-ライン マイスターは、レザーシートを装備。シートのカラーは、「ブラック」、または、「ブラック&レッド」が選択できる。最上級モデルとなる2.0 R-ライン マイスターは、電動パノラマスライディングルーフも装備する。「See You The Beetle キャンペーン」は、第1弾ではフェンダーサウンドを搭載した限定モデル「ザ・ビートル・サウンド」を300台限定で発売。第2弾は、ザ ビートル購入時に利用できるオプションサポートクーポンをプレゼントする「ザ・ビートル・オプションサポートWeb チャンス」を実施した。第3弾では、内外装の質感を向上させた限定車「ザ・ビートル・エクスクルーシブ」を発売。別れを惜しむファンを喜ばせている。

メーカー希望小売価格は、ザ ビートル マイスターが303万円(税込)、ザ ビートル R-ライン マイスターが348万円(税込)、ザ ビートル 2.0 R-ライン マイスターが397万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報