ニューモデル

2018/10/09(火) 15:09

FCAジャパンは、コンパクトカー「フィアット500」及び、オープンモデル「フィアット500C」の限定モデル「Zaffiro」(ザッフィロ)を日本で発表した。発売は10月13日からとなる。

今回の限定モデル、500ザッフィロ及び500Cザッフィロは、イタリア語でサファイアを意味する「ザッフィロ」という言葉を車名にしたのが特徴。両モデルとも、ベースモデルは875cc/2気筒ターボエンジンを搭載する「ツインエア ラウンジ」となる。専用ボディカラーには「エピックブルー」を採用する。

インテリアはブラウンカラーのフラウ社製レザーシートを採用し、内外装の差別化で高級感を演出している。そのほかの特別装備は、足回りに、24スポークXデザインの16インチアルミホイールを採用。エクステリアでは、クローム仕上げのエクステリアミラーハウジングを装備する。限定台数は、500ザッフィロが100台、500Cザッフィロが30台となる。

メーカー希望小売価格は、500ザッフィロが269万円(税込)、500Cザッフィロが289万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報