ニューモデル

2018/7/09(月) 16:20

FCAジャパンは、フィアットの5ドアハッチバック「パンダ 4×4」に特別限定車「フォレスタ」を設定して7月14日より日本で発売する。限定台数は100台。今回の限定車は、自然の中を爽快に駆け抜ける4×4の走破性と、都会の街並みにも馴染むスタイリッシュなデザインを両立させたコンパクトSUVに仕上げている。

ちなみに、車名の「フォレスタ」は、イタリア語で「森林」の意味になる。エクステリアは、スキッドプレートが追加された4×4モデル専用の前後バンパー、専用15インチアルミホイール、175/65R15タイヤを採用。コンパクトSUVにふさわしい引き締まった精悍なイメージに仕上げている。

ボディカラーは、新色の「シネマブラック」と4×4専用色となる「トスカーナグリーン」の2色を用意。インテリアは、グリーン基調のインストルメントパネルを採用。ダークグレーとグレーのシートを組み合わせた2トーンインテリアを採用。シンプルでシックな室内空間を演出する。

エンジンは、0.9リッター直列2気筒SOHC4バルブツインエアターボを搭載。最高出力は85psを発生する。なお、日本におけるパンダの4WD限定モデルは、2015年に「パンダ 4x4 Terra(テッラ)」が発売されている。

メーカー希望小売価格は、251万6400円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報