ニューモデル

2018/6/08(金) 17:50

FCAジャパンは、高性能スポーツサルーン「ジュリア」に、限定車「クアドリフォリオ・アルジェント」を設定し、6月9日より日本で発売する。限定台数は30台。限定車のクアドリフォリオ・アルジェントは、イタリア語で「シルバー」を意味する「アルジェント」を車名に採用し、アルミニウムやカーボンファイバーの装備、19インチ鍛造ホイールを装備するのが特徴だ。

3層コートのボディカラーを採用した「トロフェオホワイト」をベースに、専用のマットシルバー仕上げのサイドミラーカバー、シルバー仕上げの19インチ鍛造ホイールを組み合わせている。鍛造ホイールは4本合計で10kg以上の軽量化を実現。サスペンションのしなやかな動きを高める効果が期待できるという。

そのほか、アルミフューエルフィラーキャップ、カーボンファイバー・シフトノブインサート、カーボンファイバー・イルミネーテッド・ドアシルガードを装備。以上、合計90万円を超えるアクセサリーや三層コートカラーオプションを装備しながら、車両価格はベースモデルから7万円高に抑えている。

メーカー希望小売価格は、1139万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報