ニューモデル

2018/2/23(金) 17:59

FCA ジャパンは2月22日、フィアットブランドのスモールSUV「500X」(チンクエチェントエックス)の一部仕様を変更し、日本で発売した。今回の仕様変更は、タッチパネルモニターを従来の5インチから7インチに大型化した新世代のインフォテインメントシステム「Uconnect」(ユーコネクト)を全車で採用。

また、Uconnectにおいて、「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応し、タッチパネルモニターなどを介して目的地の検索や設定、ハンズフリー通話、メッセージの送受信、音楽再生などスマートフォンの機能を操作できるようにしている。

そのほか、センターコンソールのUSBポートを1ポートから2ポートに増設。これまで全車に標準装備していた3つの走行モードから選択する「ドライブモードセレクター」は、「Cross Plus」の専用装備となった。ボディカラーは、新色の「ファッション・グレー」が追加されている。

メーカー希望小売価格は、292万7,000円〜343万5,000円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報