ニューモデル

2018/2/22(木) 10:52

ビー・エム・ダブリューは2月21日、日本未導入のボディカラー「サンセット・オレンジ」などを採用した西日本地区限定の特別限定車「X1 xDrive18d URBANISTA」(アーバニスタ)を発売した。X1 xDrive18d URBANISTAは、4WDモデル「X1 xDrive18d xLine」がベースモデル。2.0リッター直列4気筒DOHCディーゼルと8速ATの組み合わせとなる。

最新のアクティブ・クルーズ・コントロールやBMWヘッドアップ・ディスプレイを含む「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」のほか、「コンフォート・パッケージ」、「ハイライン・パッケージ」などを装備する。

インテリアはブラックを基調とした内装に、モカまたはブラックのダコタ・レザー・シートと専用のウッド・トリムを採用。エクステリアでは、サイド・ウインドウ・フレームにサテン・アルミニウム・モールディングをアクセントとした「サテン・アルミニウム・エクステリア」を採用。

足回りは、19インチYスポーク・スタイリング511アロイ・ホイールを装備。リアル・ナンバーが付いた限定車バッヂを装着する。ボディカラーは、「ミネラル・ホワイト」と、現行X1では日本未導入の専用色「スパークリング・ブラウン」と「サンセット・オレンジ」の合計3色を用意する。

メーカー希望小売価格は、511万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報