ニューモデル

2017/6/06(火) 10:32

スバルは6月5日、ステーションワゴン「レヴォーグ」と、スポーティセダン「WRX S4」に、先進安全装備パッケージ「アイサイト」の新型バージョンを搭載するなど、仕様を変更し、2017年夏に発表することが明らかとなった。新世代アイサイトの採用第一弾となるのは「レヴォーグ」と「WRX S4」。

アイサイトはこれまでに第三世代(ver.3)まで進化しており、現行のものは歩行者や自転車も検知可能だ。色認識も可能で、前走車のブレーキランプを検知して必要に応じて警告やプリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)を操作するシステムとなっている。ステアリング操作をアシストし、車線からはみ出しを軽減する「アクティブレーンキープ」(車線逸脱抑制)も搭載する。進化したアイサイトの内容は、現段階では未発表だが、スバルは新技術を紹介するスペシャルムービーを6月下旬に公開する。また専用サイトを開設し、「レヴォーグ」と「WRX S4」の情報公開も行なっていく予定。なお、スバル販売店では、新型「レヴォーグ」と「WRX S4」の先行予約受付を開始している。

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報