ニューモデル

2017/2/21(火) 09:49

FCA ジャパンは、フィアットブランドのコンパクトカー「500」(チンクエチェント)および、そのオープンモデル「500C」の限定車「スーパーポップ・チャオ」を2月25日より日本で発売する。限定台数は、2モデル合わせて合計200台。今回の限定モデルは、1.2リッター直列4気筒自然吸気エンジンを採用する500シリーズのエントリーグレード「1.2 ポップ」がベースモデル。

それぞれベースモデルから価格は15万1200円引き下げとなっているのが特徴だ。また、500C スーパーポップ・チャオでは、通常はボサノバホワイトに設定のないベージュ色のソフトトップを組み合わせている。

全200台の限定台数のうち、モデル別、ボディカラー別の販売台数の内訳は、500 スーパーポップ・チャオの場合、「ボサノバホワイト」のボディカラーが100台、「パソドブレレッド」のボディカラーが 50台となり、モデル全体で150台。500C スーパーポップ・チャオは、ボディカラーが「ボサノバホワイト×ベージュソフトトップ」のみで50台の限定となる。

メーカー希望小売価格は、500 スーパーポップ・チャオが184万6800円(税込)、500C スーパーポップ・チャオが237万6000円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報