ニューモデル

2017/2/02(木) 17:15

メルセデス・ベンツは2月1日、Cクラスにオプション設定追加など一部変更して発売した。今回の一部改良にあわせて、Cクラスのセダンとステーションワゴンに、全天候型フルタイム4WDシステム「4MATIC」を採用した「C 200 4MATIC アバンギャルド」を追加。また、Cクラスクーペに、エントリーモデルとして「C 180 クーペ」を追加した。一部改良では、標準装備のレーダーセーフティパッケージをオプション設定化、メーカー希望小売価格を改定。C 180 ステーションワゴンにはレーダーセーフティパッケージを新たにオプション設定。先進装備を搭載し安全面での強化を図った。

また、「C 180」「C 180 アバンギャルド」「C 200 アバンギャルド」「C 220 d アバンギャルド」「C 200 4MATIC アバンギャルド」を「メルセデス レーダーセーフティ無料キャンペーン」の対象モデルとして追加した。

そのほか、「C 180 アバンギャルド」「C 200 アバンギャルド」「C 220 d アバンギャルド」「C 250 スポーツ」Cクラスセダンにオプション設定の「プレミアムパッケージ」および「エクスクルーシブ パッケージ(メルセデスAMG C 43 4MATICのみ)」に、運転に必要な情報が前方の道路状況から目を離さずに確認できる「ヘッドアップディスプレイ」を追加する。

あわせて、1.6リットルモデルのトランスミッションをセダン・ステーションワゴン同様、従来の7速から9G-トロニックに変更。上位モデルのC180クーペスポーツは、シートヒーター、メモリーシート、オートマティックベルトフィーダーを新たに標準装備。装備とオプションの充実を行った。

メーカー希望小売価格は、436万円(税込)〜1423万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報