ニューモデル

2016/8/18(木) 16:08

本田技研工業は、9月16日の新型「フリード」発表にむけて同車の先攻情報を公開した。新型「フリード」は、全長4265mmと従来モデルより50mmほどサイズアップ。それにともない1〜3列目のシート間の距離を90mm拡大している。2列目キャプテンシートを装備したFF車では、2列目シートスライド量を120mm拡大するなど、ボディの扱いやすさは変えずに室内の居住性を向上させている。

3列シート車の「フリード」、2列シート車の「フリード+」が設定され、それぞれのモデルでエンジンはハイブリッドの「SPORT HYBRID i-DCD」とガソリンの「1.5リッター直噴DOHC i-VTEC」の2種類が選べる仕様となっている。安全運転支援システムとしてミリ波レーダーと単眼カメラの「Honda SENSING」を搭載。居住性だけでなく、運転手もリラックスした環境で運転できるようシステムもアップグレードされている。

ボディカラーは、「ブルーホライゾン・メタリック」「シトロンドロップ」「コバルトブルー・パール」「プレミアムディープロッソ・パール」「マンダリンゴールド・メタリック」「ホワイトオーキッド・パール」「ルナシルバー・メタリック」「モダンスティール・メタリック」「クリスタルブラック・パール」の全9色が用意される。

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報