ニューモデル

2016/4/05(火) 10:44

メルセデス・ベンツは、「Gクラス」に特殊車両技術を施した特別仕様車「G 550 4×42」を追加して、日本で発売した。4月4日〜5月31日の期間限定での発売となる。今回追加された特別仕様車は、G 550 4×42(フォー・バイ・フォー スクエアード)。足まわりに「ラリー強化仕様ツインサスペンション」を採用。各ホイールに平行する2本のスプリング/ダンパーストラットを搭載した。一方のスプリング/ダンパーストラットは固定された減衰特性で動作し、もう一方のダンパーストラットは電子制御可変ダンパーを採用することで、走行状況に応じて減衰特性全体を変更するという。

防弾仕様車の技術をベースにした「ポータルアクスル」を採用して、最低地上高は460mm、渡河深度は1000mmを実現。「G550」の最低地上高235mm、渡河深度600mmと比較すると、オフロードでの走破性を大幅に向上させている。

ボディサイズは、全長4520mm、全幅2100mm、全高2240mm。エンジンは、4.0リッターV型8気筒ツインターボチャージャーを搭載。最高出力は310kW(421ps)、最大トルクは610Nmを発生する。駆動方式は4WDとなる。ポータルアクスルにより、トレッドはベースモデルより229mm拡大して1774mmになる。タイヤサイズは、325/55 R22と大型化してある。ハイグロスブラックペイントの22インチ5ツインスポークアルミホイールを装備する。

ボディカラーは、専用色「エレクトリックビーム」のほか、「designo ミスティックホワイトII」、「designo マグノプラチナムマット」、「オブシディアンブラック」の4色をラインナップ。

メーカー希望小売価格は3510万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報