ニューモデル

2015/1/23(金) 18:04

メルセデス・ベンツは1月22日、「GLクラス」にクリーンディーゼル搭載車「GL 350 BlueTEC 4MATIC」を追加し、同日より日本で発売した。

GL 350 BlueTEC 4MATICは、排出ガスに尿素水溶液「アドブルー」を噴射することで、窒素酸化物(NOx)を大幅に低減させる尿素SCR(選択型触媒還元)を採用したのが特徴。

エンジンは、ディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC」を利用する3.0リッターV6直噴ディーゼルターボエンジンを搭載。

ピエゾインジェクターを使うコモンレールダイレクトインジェクションや電子制御式可変ターボチャージャーなどにより、世界で最も厳しいと言われる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する。スペックは、最高出力258ps、最大トルク620Nmを発生する。

トランスミッションは、7速ATが組み合わされる。駆動方式は4WDを採用。ハンドル位置は右ハンドルとなる。

右ハンドルはGLシリーズでは初になるという。

メーカー希望小売価格は、1000万円(税込)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報