ニューモデル

2014/11/28(金) 10:16

メルセデス・ベンツは11月25日、CLAの派生モデル「CLAシューティングブレーク」を発表した。

同車は2013年7月、日本市場にも導入された新型4ドアクーペ「CLAクラス」に追加される第2のボディバリエーション。シューティングブレークとは、クーペとステーションワゴンを融合したデザインが特徴。クーペの美しさとワゴンの機能性を、1台にまとめている。

また、ベースとなった「CLA」だけでなく、ハッチバックの「Aクラス」、ミニバンの「Bクラス」、そしてクロスオーバーの「GLA」ともプラットフォームを共有する。ボディサイズは全長4630mm×全幅1777mm×全高1435mm。乗車定員は5名となる。

荷室容量は、495リットル(VDA計測法)を確保。後席を倒せば、最大で1354リットルとなる。荷室の最大幅は1328mm。また、電動テールゲートの「イージー・パック」をオプション用意した。

パワートレインは本国ではガソリンエンジン車が3タイプ、ディーゼルエンジン車は2タイプ設定され、4MATIC仕様とAMGモデルも設定される。最高出力360hpを発生する2リッター4気筒ガソリンターボを搭載する「CLA45 AMGシューティングブレーク」もラインアップされており、0-100km/hを4.7秒で加速するという。

欧州では2015年1月に発売され、納車は3月開始予定となっている。

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報