ニューモデル

2014/9/17(水) 18:56

独メルセデス・ベンツは9月9日、高性能スポーツの市販モデル「メルセデスAMG GT」をワールドプレミアとして発表した。すでに製造終了となった「SLS AMG」の後継モデルと目されている。

メルセデスAMG GTは、4.0リッターV8ターボエンジンをフロントミッドシップに搭載。最高出力462psを発生する「GT」と、最高出力510psを発生する「GT-S」の2グレードをラインナップする。

エクステリアは、先代モデルのSLS AMGを彷彿させるようなロングノーズ、ショートデッキのスタイリングを採用。ボディには、軽量アルミニウムボディを使用し、動力性能の向上に役立てている。

SLS AMGは、スーパースポーツカー「SLRマクラーレン」の後継だったが、今回のメルセデスAMG GTは、「ポルシェ911」などをライバルとしているという。ダイムラー取締役のトーマス・ウェバー氏は、「新しいメルセデスAMG-GTで、我々は非常に競争が激しいスポーツカーセグメントに挑んでいく」と決意を語っている。

(Goo-net 編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報