ニューモデル

2014/6/19(木) 16:49

英ベントレーは現地時間6月17日、ニューモデル「コンチネンタル GT3-R」のスペックを公開した。当モデルは世界限定300台での発売を予定している。

「コンチネンタルGT」に、新たにラインナップされる「コンチネンタルGT3-R」は、昨年のグッドウッド フェスティバル オブ スピードで公開されたレーシング専用マシン「コンチネンタルGT3」にインスパイアされた公道用モデル。

パワートレーンには最高出力426kw(580ps)、最大トルクは700Nmを発揮する、ベントレーのモータースポーツ部門がエンジニアリングをほどこした4リッターV8ツインターボエンジン。ショートレシオ化されたZF製8段オートマチックトランスミッションを組み合わせ、前後配分40:60固定で4輪を駆動する。「コンチネンタルGT V8 S」に比べ、100kgほど重量も軽くなり、わずか3.8秒で静止状態から100km/hへ到達する。

駆動方式は従来の公道向けコンチネンタル・ファミリーと同様の4輪駆動となるが、GT3-Rでは新開発のトルク・ベクター機能を採用する。また、エキゾースト部にはチタン素材を使用した新パーツを採用することで約7kgの軽量化を実現するとともに、バリトンの効いたオリジナリティ溢れる音を奏でる。

そのほか、エンジンで発生した強大なパワーを確実に路面に伝えるべく、後輪のトルク配分を左右別々に制御するトルクベクタリングをベントレーとしてはじめて採用。あわせてストッピングパワーも強化され、フロント420mm、リア356mmの大径ブレーキディスクには耐フェード性能の高いカーボン シリコン カーバイド ブレーキシステムを搭載する。

(Goo-net編集部 安田龍太朗)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報