ニューモデル

2013/2/28(木) 15:40

メルセデス・ベンツ日本は2月26日、Bクラスのハイパフォーマンスモデル「B 250 BlueEFFICIENCY」を発売した。

「B 250 BlueEFFICIENCY」は、最高出力211PSを発揮する新開発の2.0リットル直列4気筒直噴ターボエンジンを搭載。アイドリングストップ機能などの省燃費技術を導入し、動力性能と環境性能を高いレベルで両立。JC08モード燃費は14.6km/Lを記録した。

エクステリアは、ブラックの18インチAMGアルミホイールやフロントグリル、ドアミラーなどにより力強さを表現。インテリアにはクロームインサート付の本革巻スポーツステアリングやステンレスのアクセル&ブレーキペダルなど、スポーティな装備を追加している。

追加装備として、後席にバックレスト角度調節と前後スライド機構によってラゲッジルームを多彩にアレンジできる「EASY-VARIO PLUS」、左右独立して温度や風量の調整が可能なクライメートコントロール、縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行うアクティブパーキングアシストなどを搭載する。

安全装備では、レーター型衝突警告システム「CPA」に加え、ヘッドライトの照射範囲を自動でコントロールする「インテリジェントライトシステム」や、超音波センサーによって前方の障害物との距離を測定し、警告音とインジケーターで知らせる「パークトロニック」などを標準装備する。そのほか縦列駐車時にステアリング操作を自動で行う「アクティブパーキングアシスト」も備えている。

メーカー希望小売価格は、435万円(税込)

(Goo-net編集部 安田龍太朗)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報