ニューモデル

2012/7/04(水) 14:34

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは7月4日、コンパクトカー「500 ツインエア」に、特別限定車「500 ツインエア スポーツ」、「500 ツインエア スポーツプラス」を追加し、同日より日本で発売した。限定台数は、スポーツが400台、スポーツプラスが250台となる。

ツインエアは、0.875リッターの直2マルチエアターボエンジンを搭載するモデル。今回のスポーツは、このエンジンに5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を組み合わせた。「スポーツプラス」は5速MTを組み合わせている。ツインエアエンジンとMTの組み合わせが日本に導入されるのはこれが初めてになるという。

装備は、ブラックのスポーツシート、ルーフスポイラーのほか、マットブラック仕上げのアルミホイール、チタンマット仕上げのフロントモールなどを採用する。

燃費は、スポーツが10・15モードで21.5km/l。スポーツプラスは21.0km/lになる。メーカー希望小売価格は、スポーツが230万円(税込)。スポーツプラスは235万円(税込)。

(Goo-net 編集部)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報