ニューモデル

2012/5/10(木) 20:06

メルセデス・ベンツ日本は5月9日、高級オープンモデル「SLKクラス」の高性能仕様「SLK 55 AMG」の新型モデルを日本で発表し、同日より発売した。納車は6月頃を予定。

SLK 55 AMGの新型モデルは、新開発の5.5リッターV8となる「M152」エンジンを搭載。スプレーガイド式燃焼システムやピエゾインジェクターを組み合せたガソリン直噴ユニットを搭載し、最高出力は310kW(422PS)、最大トルクは540Nmを発生する。

環境性能にも配慮されており、気筒休止システム「AMGシリンダーマネジメント」を採用し、パワーと燃費の両立も図られている。燃費は、先代モデルと比較して70%以上改善し、JC08モードで11.2km/lを記録する。

エクステリアは、AMG専用ラジエターグリル、AMG専用フロントバンパーなどを採用し、スポーティさを強調。インテリアは、パフォーマンスステアリングやAMGスポーツシートにナッパレザーを採用し、高級感を高めている。

メーカー希望小売価格は、1090万円(税込)。

(Goo-net 編集部)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報