ニューモデル

2011/10/25(火) 09:53

メルセデス・ベンツ日本は10月24日、4ドアクーペ「CLSクラス」に「CLS550 ブルーエフィシェンシー」を追加し、同日より日本で発売した。

CLS550 ブルーエフィシェンシーは、新開発の4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンを搭載。最高出力408ps、最大トルク600Nmというハイパワーを発生する。トランスミッションは、7速ATとなる「7Gトロニックプラス」が組み合わされる。

環境性能にも配慮されており、アイドリングストップ機構「ECOスタートストップ機能」を搭載。燃費は、従来モデルと比較して、約50%向上しているという。サスペンションは、走行状況に応じて車高や減衰力をコントロールする「AIRマティックサスペンション」を搭載する。

そのほか、エクステリアは、AMGスタイリングパッケージ、19インチアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンドなどを装備。インテリアは、エクスクルーシブパッケージを専用オプションとして用意する。

メーカー希望小売価格は、1175万円(税込)。

(Goo-net 編集部)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報