ニューモデル

2007/12/28(金) 18:17

メルセデス・ベンツは12月26日(現地時間)、ドイツにてオープン2シータースポーツ「SLK」のマイナーチェンジを発表した。

SLKは1996年に初代モデルを発売して以降、安定した売上をあげているモデル。現行は2004年に発売された2代目。

今回のマイナーチェンジでは、内外装において下記の改良が加えられた。

■外装

・前後バンパーのデザイン変更

・エアインテークの形状変更

・ディフューザータイプのリアスカート、およびAMG風のマフラーエンドを採用

■内装

・インストゥルメントパネルのデザイン変更

・スポークステアリング3本を進化

また、SLK350グレードのエンジンパワー向上、ヨーロッパのみで販売されているSLK280グレードの燃費向上が図られている。

さらに、速度によってステアリングのギア比を可変させる「ダイレクトステアシステム」を新たに装備。ロック・トゥ・ロックが最大25%減少し、敏捷なステアリングを体感できる。

(Goo-net編集部 橋本寛樹)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報