ニューモデル

2010/11/10(水) 09:07

メルセデス・ベンツ日本は11月8日、高級クーペ「CLクラス」をマイナーチェンジし、同日より日本国内で発売した。

今回のマイナーチェンジは、エンジンの排気量をダウンサイジングし、動力性能と環境性能の両立が図られているのが特徴。

エントリーグレード「CL550 ブルーエフィシェンシー」は、これまでの5.5リッターV8 DOHCから、4.7リッターV8 DOHC直噴ターボに変更。ハイパフォーマンスモデルの「CL63 AMG」は、6.3リッターV8 DOHCから、5.5リッターV8 DOHCツインターボに変更された。

例えば、CL550 ブルーエフィシェンシーは、最高出力が約12%アップの320kW(435ps)、最大トルクは約32%アップして700Nm。燃費は約30%向上して、10・15モード8.0km/lを記録。CL63 AMGは、アイドリングストップ機構が採用されて、燃費は10・15モードで8.6km/lを記録する。

エクステリアは、フロント/リヤバンパー、フロントグリル、リヤコンビネーションランプなどのデザインをリニューアル。ヘッドライトにLEDポジショニングランプを、フロントバンパーには、LEDドライビングランプを追加。CL550 ブルーエフィシェンシーとCL63 AMGは、アルミホイールのデザインも刷新されている。

そのほか、ヘッドライトの照射範囲を自動調節する「アクティブハイビームアシスト」や、歩行者検知機能「ナイトビューアシストプラス」、ドライバーの眠気を感知する「アテンションアシスト」を標準で装備。車線からの逸脱を警告する「アクティブレーンキーピングアシスト」などをセットにした「ドライバーズアシスタンスパッケージ」が、オプションで用意される。

メーカー希望小売価格は1630万円(税込)〜3020万円(税込)。

(Goo-net 編集部)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報