ニューモデル

2010/6/24(木) 19:38

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは6月23日、コンパクトカー「フィアット500」のオープンモデルに、特別限定車「500Cヴィンテージ」を追加し、同日より150台の限定で発売した。

500Cヴィンテージは、オープンモデル「500C 1.2 8V POP」をベースにしたモデル。専用のカラーコンビネーションや、アイドリングストップ機能「スタート&ストップシステム」が装備される。

カラーコンビネーションは、2タイプを用意。まずは、ボディカラーが「チャチャチャアズール」と、ソフトトップカラーが「アイボリー」、インテリアカラーは「グレー/アイボリー」を組み合わせたモデル。こちらは限定100台。

もうひとつは、ボディカラーが「テックハウスグレー」と、ソフトトップカラーが「レッド」、インテリアカラーは「レッド/アイボリー」を組み合わせモデル。限定台数は50台になる。

以上の装備を追加して、価格はベースモデルより6万円高の245万円(税込)に抑えられている。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報