ニューモデル

2010/6/24(木) 19:16

フィアットグループ・オートモービルズ・ジャパンは6月23日、コンパクトカー「フィアット500」の日本限定の特別仕様車「500アッズーラ」を、限定300台で発売した。

アッズーラ500は、「1.2 8V LOUNGE」をベースに、ボディカラーに鮮やかな青である「アッズーラカラー」を採用した特別モデル。このカラーは、サッカーのイタリア代表のユニフォームと同じ色だと、同社では説明している。また、アッズーラカラーは、インストルメントパネルの一部にも使用されている。

エンジンは、1.2リッター直4 SOHCを搭載し、最高出力51kW(69ps)、最大トルク102Nmを発生。トランスミッションは、ATモード付5速シーケンシャルが組み合わされる。アイドリングストップ機能である「スタート&ストップ」や、リヤパーキングセンサー、フルオートエアコンなどを装備する。メーカー希望小売価格は、234万円(税込)。

なお、同社では、7月4日がフィアット500の誕生日と定めて、イベントを開催する予定。フィアット500は、今年で発売3周年を迎えるという。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報