ニューモデル

2010/2/10(水) 10:00

米フォードは2月8日(現地時間)、スポーツカー「マスタング」の高性能バージョン「シェルビーGT 500」の2011年モデルを発表した。

シェルビーGT 500の2011年モデルは、オールアルミ製の5.4リッターV8スーパーチャージャーエンジンを搭載。2010年モデルから10hpのパワーアップを果たし、最高出力は380kW(550hp)。最大トルクは691Nmを発生する。オールアルミ製のエンジンは、ボディの軽量化を実現し、空力性能の向上と合わせて、燃費の向上に役立っているという。

ボディタイプは、従来通りで、クーペとコンバーチブルの2種類。クーペには新たにガラスルーフが採用されている。また、サーキット走行を想定した「SVTパフォーマンスパッケージ」をオプションで用意。専用タイヤや専用アルミホイールなど、走りを極めるチューニングが施される。

価格は、現段階では未発表。なお、シェルビーGT 500の2011年モデルは、2月10日から開幕するシカゴモーターショーで披露される。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報