ニューモデル

2010/2/09(火) 11:25

メルセデス・ベンツ日本は2月4日、ディーゼルモデル「E320 CDI アバンギャルド」、「E320 CDI ステーションワゴン アバンギャルド」、高級クロスカントリー「G500 ロング」、「G550 ロング」の4車種が、新たにエコカー補助金の適合車種になったことを発表した。

今回の適合は、1月19日に発表された「輸入自動車特別取扱制度(PHP制度)」に対応したもの。これは、輸入台数が少ない輸入車を対象に、日本の燃費基準ではなく、生産国の公式燃費基準で審査し、要件に適合すれば、エコカー補助金の適合車種として認証するシステム。

これにより、車齢13年超の廃車を条件に、適合車種の新車を購入すれば、政府から25万円の補助金が支給される。期限は、2010年9月末まで。それまでに登録を済ませなければならない。また、2010年1月19日以降に登録が終わっている場合も、さかのぼっての適用がある。

なお、今回の適合車の追加により、メルセデス・ベンツのエコカー補助金の適合車は、合計23車種となった。同社では、今後もクリーンディーゼルモデルなどの環境対応車を導入していく方針であると表明している。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報