ニューモデル

2009/11/28(土) 10:00

伊フィアットは11月25日(現地時間)、コンパクトカー「フィアット500」に、新開発のディーゼルエンジンを搭載したモデルを発表した。

搭載されるディーゼルエンジンは1.3リッター直4 ターボ。「500」と「500C」のグレードに採用されている。それぞれ新開発となるコモンレールインジェクション、可変ジオメトリーターボ、パーティキュレートフィルターなどが搭載され、動力性能と環境性能の両立を図っている。

動力性能は、最高出力95ps、最大トルク200Nmという数値。0-100km/hの加速が10.7秒、最高速度は180km/hと公表されている。必要充分なパワーは確保しているようだ。

一方、燃費は、約8%改善されており、欧州複合モードで、25.64km/l。燃費の改善には、アイドリングストップ機能も貢献しているという。CO2排出量は、104g/kmになる。価格は、1万3900ユーロ(日本円で約179万円)。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報