ニューモデル

2009/7/20(月) 16:19

独ダイムラーは、メルセデスベンツの新型高性能スポーツモデル「SLS AMG」のシリーズとして、電気自動車仕様を開発中であることが、7月17日に明らかになった。

新型SLS AMGは、「SLR マクラーレン ロードスター」の後継モデルと目されており、2010年に発売されることが発表されている。電気モーターが4基搭載され、最高出力326kW(526hp)、最大トルク880Nmを発生。0-100km/hの加速は4秒ほどと、レーシングマシーンに匹敵する高性能のようだ。

バッテリーは、リチウムイオンバッテリーが採用され、運転席と助手席間の床下へ、縦長に設置される。充電時間や、1回の充電での航続距離などは、現段階では発表されていない。4基の電気モーターは、それぞれ車輪の近くに設置され、直接車軸を駆動して、伝達ロスが少なく効率のよい方式を採用している。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報