ニューモデル

2009/5/20(水) 09:24

メルセデス・ベンツ日本は5月19日、クロスオーバーSUV「Rクラス」の一部仕様を変更した。

主な変更点は、フロントグリルのデザイン変更と、装備の強化。フロントグリルは、ハイグロスのブラック仕上げとなり、引き締まった印象へとリニューアルした。

装備は、内装に4本ステアリングホイールを採用すると共に、HDDナビゲーション、地上デジタル放送テレビ、CDを録音するミュージックレジスターなどをひとつにした「コマンドシステム」を搭載する。

そのほか、緊急ブレーキ時にブレーキライトが点滅し、後続車両に注意を促す「アダプティブブレーキライト」を装備して、安全面を強化。さらに、キーを携帯するだけでドアの開閉やエンジンの始動ができる「キーレスゴー」を、上位グレードのR550に標準で装備し、R350のグレードにはオプションで提供する。

メーカー希望小売価格は、R350が789万円(税込)、R550は1082万円(税込)。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報