ニューモデル

2009/3/24(火) 16:33

メルセデス・ベンツ日本は3月23日、クロスカントリーモデル「Gクラス」をマイナーチェンジし、30周年記念モデルとして発売した。

Gクラスを構成する「G 500ロング」と「G 55 AMGロング」の2グレードのうち、G 500ロングは、5.0リッターから5.5リッターへと排気量を拡大し、出力も296psから387psへとアップした。これにともない名称を「G550ロング」と変更する。

一方、G 55 AMGロングは、エンジンマネジメントシステムを改良し、出力を7psアップして、507psとなった。

このほか、G550ロング、G 55 AMGロングともに、フロントグリルとアルミホイールのデザインを刷新。また、HDDナビゲーション、地上デジタル放送対応テレビ、CDを録音するミュージックレジスターなどをセンターコンソールに統合したコマンドシステムを採用する。

メーカー希望小売価格は、G550ロングが1327万円(税込)、G 55 AMGロングが1740万円(税込)。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報