ニューモデル

2009/1/21(水) 09:40

フィアット・グループ・オートモービル・ジャパンは、コンパクトカー「フィアット500」に、価格を抑えたエントリーモデル「1.2 8V ポップ」を追加し、2月7日より発売する。

1.2 8V ポップは、1.2リッター直4 SOHCエンジンに、ATモード付5速MTのトランスミッションの組み合わさる。ホイールが、14インチのスチールになり、エアコンがマニュアル式に、さらにシート生地にファブリックを採用するなど、既存グレードよりコストダウンが図られている。

ただし、安全や快適さに関わる装備は簡素化されず、電動パワーステアリングのアシスト量を増やし、駐車時の操作を容易にするCITYモードスイッチや、助手席アンダーボックス、バニティミラーなどは、他のグレードと同様に装備する。価格は、195万円(税込)。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報