ニューモデル

2008/10/29(水) 08:32

独・ダイムラーは、Cクラスのラインナップに、直噴ガソリンエンジンを搭載した「C350CGI」を加え、近く欧州で発売する見通しだ。

C350CGIは、新開発となるスプレーガイデッド式の直噴ガソリンエンジンを搭載する。スプレーガイデッド式とは、現在の直噴エンジンの主流であるストイキ式よりも一歩先を行ったテクノロジーとされている。燃料の噴射をより細かくすることで、燃費の向上が期待できるという。

スペックは、最大出力が292hp、最大トルクが365Nmという高出力を発生する。その一方で、燃費は1リッターあたり12km、CO2排出量は193g/kmと、環境性能に優れている。欧州の排ガス基準であるユーロ5もクリアーする。価格は、4万6796ユーロ(日本円で約540万円)になる予定。

(Goo-net編集部 菅乃廣)

関連ニュース

地域情報

ガソリン価格4/17(月) 13:00

東京都 +地域選択

  • レギュラー123.70
  • ハイオク133.10

クルマお役立ち情報