トヨタ アクア | ニューモデル

ニューモデル

トヨタ アクア(2011年〜)新車紹介

紹介
新型車
発表・発売/2011年12月26日
トヨタ TEL:0800-700-7700 (2011年12月)

トヨタ アクア(2011年〜)新車紹介

■プリウスを超える低燃費を実現した期待のハイブリッド・コンパクト

 東京モーターショーでベールを脱いだアクアが、ついに正式発表された。ヴィッツのプラットフォームをベースとする、コンパクトクラスのハイブリッド車(HV)だ。新開発の1.5L・THS II(トヨタ・ハイブリッド・システム II)を搭載し、全グレードでJC08モード35.4km/L、10・15モードでは40.0km/Lの超低燃費を達成。PHVを除くプリウスの世界最高燃費を更新している。国産コンパクトの新境地を切り開くスタイリングや、HVとは思えない優れたパッケージングも見どころだ。

■メカニズム / ユーティリティ

 エンジンは初代、2代目プリウスと同じ1.5Lだが、じつは部品の約70%を新設計した別モノ。エンジン単体でも低燃費化をはかっている。ハイブリッドシステムのTHS IIは、従来と同じ駆動用と発電用の2モーター式。小柄なボディへの搭載を可能にしたのは、ニッケル水素バッテリーやモーターをはじめとするシステムの小型化だ。その分、バッテリー容量はプリウスより約29%少ない。それを補うのが新しいハイブリッド制御。充電速度の上限を高め、充電のためのエンジン作動時間をプリウスの約3分の1まで短縮。燃費を向上させる。システム全体でプリウス比40kg以上の軽量化も見逃せない。 また、ボディはホイールベースをヴィッツより40mm延長。小型化したバッテリーは後席下に配置することで、キャビン・ラゲッジともにクラス最大級の空間を実現している。本格的ハイブリッドシステムのTHS IIと、簡易型でもパッケージ効率に優れるホンダIMAの長所を併せ持っていると言っていい。 価格もフィット・ハイブリッドの10万円高以下に抑えられ、競争力は十分。HVのみならず、コンパクト市場を席巻することは必至だ。

■インテリア / エクステリア写真[1]

  • 運転席、助手席それぞれのエリアをワイドに見せるオーバーラップデザインが特徴的。シフトレバーはオーソドックスなフロア式だ。 運転席、助手席それぞれのエリアをワイドに見せるオーバーラップデザインが特徴的。シフトレバーはオーソドックスなフロア式だ。
  • 1.5Lアトキンソンサイクルエンジンは、先代プリウスと同等の動力性能。触媒暖気時間をプリウスより67%低減し、“ちょい乗り”の燃費を改善した。 1.5Lアトキンソンサイクルエンジンは、先代プリウスと同等の動力性能。触媒暖気時間をプリウスより67%低減し、“ちょい乗り”の燃費を改善した。
  • 16インチのタイヤ&アルミホイールは、ツーリングパッケージ専用。G、Sは15インチ+スチールホイールが標準だ。 16インチのタイヤ&アルミホイールは、ツーリングパッケージ専用。G、Sは15インチ+スチールホイールが標準だ。

■インテリア / エクステリア写真[2]

  • シートは前後ともヴィッツより大型化し、1クラス上の座り心地を実現。シートヒーターもオプション設定されている。 シートは前後ともヴィッツより大型化し、1クラス上の座り心地を実現。シートヒーターもオプション設定されている。
  • ラゲッジ容量はフィットハイブリッドと同等の305L。後席格納はバックレストを倒すだけで、フラットにはならない。 ラゲッジ容量はフィットハイブリッドと同等の305L。後席格納はバックレストを倒すだけで、フラットにはならない。
  • プリウスの空力手法を受け継ぎ、CD値0.28のエアロボディを実現。ツーリングパッケージは大型リヤスポイラーを備える プリウスの空力手法を受け継ぎ、CD値0.28のエアロボディを実現。ツーリングパッケージは大型リヤスポイラーを備える

■アクアG (CVT) 主要諸元

全長×全幅×全高 3995×1695×1445mm
ホイールベース 2550mm
トレッド前/後 1480/1475mm
車両重量 1080kg
エンジン 直4DOHC+モーター
総排気量 1496cc
最高出力 74ps/4800rpm
最大トルク 11.3kg m/3600〜4400rpm
モーター最高出力 61ps/3500rpm
モーター最大トルク 17.2kg m/0〜2250rpm
システム最高出力 100ps
JC08モード燃費 35.4km/L
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/L&Tドラム
タイヤ前後 175/65R15
バリエーション&価格
L 169万円
S 179万円
G 185万円
※価格は全国メーカー希望小売り価格。
この記事を友達に教える
Share (facebook) Check
メールマガジン『@グー』
新車紹介・試乗 新着記事

トヨタ プロボックス/サクシード

日本の仕事人を支えるクルマがサポート力を大幅にアップ

(9月19日)

スバル WRX S4/STI

こだわりの高性能モデルがさらなる「速さ」を獲得した

(9月19日)

三菱 eKワゴン

快適な走りと実用燃費の改善で魅力を大きくアップした

(9月12日)

ジャガー XJR

トップ・オブ・ジャガーにふさわしい現実離れしたポテンシャルと贅沢さ

(9月12日)

レクサス NX

世界的に流行のコンパクトSUVに真っ向から挑戦した意欲的なモデル

(9月5日)

Goo-netクルマ関連記事

Goo-net News

新車情報をはじめクルマ業界の
ニュースをいち早くお届け

中古車情報

中古車選びに役立つ情報満載!
あなたにピッタリのクルマが見つかる

新車紹介・新車試乗

発表されたばかりのニューモデルを
独自で紹介、試乗レポート

中古車目利き講座

上質な中古車を見極めるポイントを
詳しく解説!買う前に要チェック