プライスボード・修復歴|中古車をはじめクルマの情報満載!Goo-net

プライスボード

価格以外でも確認するポイントがたくさんある

プライスボードにもっとも大きく書かれているのは価格です。
「車両本体価格」が記載されていることが一般的ですが、
「支払総額」(車両の購入に必要な最低限の費用を含めた価格)で掲載されている場合もあります。
「車両本体価格」で記載されている場合は、例え現金一括支払いだとしても、別途、諸費用(保険料や税金、登録に伴う費用等)がかかります。
初年度登録年月や車検有効期限、走行距離数は、車検証や現車のオドメーターと照らし合わせ、記録内容に相違ないかのチェックをしましょう。信頼できるショップかどうかの判断材料にもなります。
また、残車検も重要です。「検無」だと、車検整備費用が発生します。

プライスボード
1
販売価格は店頭渡し現金価格を表記。この価格には保険料、税金(除く消費税)、登録料など諸費用は含めない
2
登録車は初度登録年月、軽自動車は初度検査年を表示
3
有効期限の年月日を表示
4
走行距離計(オドメーター)の示すキロ数を表示
  • ●メーター交換時の履歴が帳票類等にて確認できる場合は、
    交換されている旨と取り替え前・後のキロ数が記載されます。
  • ●メーターが巻き戻されていたり、帳票類等にて交換の履歴が
    確認できない場合は、「改ざん車」等と記載されます。
  • ●メーターのキロ数が疑わしい場合は、「?」や「走不明」等と記載されます。
    キロ数を推定できる根拠がある場合には、推定キロ数が記載されます。
5
展示時点から過去2年以内に定期点検整備が行われ、その点検記録簿が展示車両に備え付けられている場合は「有」と表示、その他の場合は「無」と記入。「有」の場合、定期点検整備の内容を付記
6
車体の骨格にあたる部位の修正および交換歴がある場合は「有」、その他の場合は「無」と表示
7
自家用、営業用、レンタカーの区別を記入。自動車教習所などで使用したクルマはその他に記入する。
8
保証の有・無を表示
●「保証付き」の場合は「保証内容」、「保証期間または保証 走行距離」を付記
9
定期点検整備実施の有・無を表示
●定期点検整備を実施して販売する場合「定期点検整備あり」 と表示
●販売(展示)時までに実施する場合は「済」と表示。(販売価格に整備費用を含めること)
●販売時以降、車両引渡し時までの間に実施する場合「納車時」と表示
●定期点検整備を実施しない場合「定期点検整備なし」と表示
●要整備個所がある場合、そのことを表示
10
定期点検整備あり(納車時)の場合で、販売価格に整備費用を含めて表示する場合は「含まれています」、含めないで表示する場合は「含まれていないことと整備費用の額」を表示
11
保険料、税金(除く消費税)、登録時に伴う費用等は含まれていないということを表示
12
リサイクル料金についての表示

修復歴

修復歴のあるクルマでも事故車とは限らない

 誰も状態の悪い車両を買いたいとは思いません。中古車の場合「修復歴」という呼び方をします。例えばバンパーやフェンダー、ドアをぶつけたので交換したい場合、修復歴は「なし」になります。そんなバカなと思うかもしれませんが、これは修復歴ではありません。クルマにとっての修復とは、自動車公正取引協議会が定めた9箇所で、交換か修正がなされた場合です。箇所としては、フレームやピラーなどボディの基本骨格に当たる部分です。走行安全性や乗り心地に影響を与える可能性のある箇所にダメージを負ってはじめて、「修復歴有」になるわけです。

修復歴

修復歴の定義

修復歴車とは自動車公正取引協議会が定めた9つのポイント(左図)に関して、交換もしくは修正したクルマのことを指す。原因が交通事故に限らず、この部位を修復したものは「修復歴あり」となる。一般的な事故車という言い方とは多少異なる。キズやヘコミなどをきれいに直したものや、車体の基本骨格にあたらないフェンダーやドア、ボンネットなどの部位を修復したものは「修復歴あり」とは呼ばれない。

Gooではここをチェック

Gooでは修復歴があるかどうかをひと目で分かるように表記しています。
どの部分を修復しているかなど詳細は、販売店に直接問い合わせて確認しましょう。