三菱 eKスペースの新車カタログ情報

写真

三菱 eKスペース

概要

新車価格 1,239,800円〜1,690,200

eKシリーズ第2弾となるスーパーハイトワゴンタイプの新型軽自動車「eKスペース」。低燃費で高性能な小型・軽量の新世代MIVECエンジンを搭載し、トランスミッションは、CVT(自動無段変速機)を組み合わせる。今回、大幅改良を行った。シンプルな装備が魅力のエントリーグレード「M」、女性に嬉しい快適・便利な装備が充実した上級グレード「G」、力強い走りと高い安全性にこだわったターボエンジン搭載の「T」を設定。「M」に予防安全機能を採用した「e-アシスト」、「G」と「T」にマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備とした「セーフティパッケージ」を設定。駆動はそれぞれに2WDと4WDを用意。エクステリアは、柔らかい面構成で張りのあるフロントバンパーを採用。フード先端の左右ヘッドランプ間に一本のメッキモールを配し、上下に分割されたフロントグリルのアッパーグリルにメッキリングをあしらうことで、上質感を高めた。「Tセーフティパッケージ」には、モダンでスポーティなデザインとした14インチアルミホイールを採用。インテリアでは、それぞれの個性にマッチしたシート生地を採用し、エクステリアとのコーディネートを図った。装備では、「eKスペース」の特長装備である後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに、肌や髪にやさしい弱酸性の「ナノイー」を放出する機能を採用。また、消臭機能を追加した消臭シート生地や室内温度の上昇抑制、降雨時の雨音軽減に効果を発揮するフェルトを天井裏側全面に追加(「M」、「M e-アシスト」を除く)。フロントウィンドシールド、フロントドア、フロントクォーターガラスに、従来から採用のUVカットガラスに加え、直射日光によるジリジリ感を和らげるIRカット機能を追加した。高速道路などで運転者のアクセルペダル操作の負担を軽減できるクルーズコントロールを「Tセーフティパッケージ」に装備。

もっと見る

グレード一覧

グレード名 型式 排気量 ドア
シフト 駆動
方式
定員 燃費 価格
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 22.0km/l 1,391,040
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 20.6km/l 1,497,960
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 21.8km/l 1,346,760
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 22.0km/l 1,239,840
M e−アシスト DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 21.8km/l 1,387,800
M e−アシスト DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 22.0km/l 1,280,880
G セーフティパッケージ DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 22.0km/l 1,477,440
G セーフティパッケージ DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 20.6km/l 1,584,360
T セーフティパッケージ DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 22.2km/l 1,583,280
T セーフティパッケージ DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 20.4km/l 1,690,200

※ 燃費表示は10・15モード又は10モード、もしくはJC08モードに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

取扱いディーラーを探す

三菱
eKスペース

三菱 eKスペース

都道府県選択

市町村選択

現行モデルのレビュー

投稿 : 2015年10月29日

三菱eKスペース G e−アシスト DBA-B11A

クルマ評論家

工藤貴宏

クルマ評論家プロフィール★

ニューモデルのインプレッションからカーライフ、カーグッズまで、クルマのあらゆる分野で健筆をふるうフリーランスのライター。

気の効く装備がうれしい

利用シーン
ドライブ 通勤通学 買い物
オススメ
ファミリー 若者
特徴
小回り 乗降 視界 安全装備 燃費 広い

【総合評価】
 ダイハツ・タントが先駆者となりekスペースが属するスーパーハイトワゴンクラスは、はっきりいって室内の広さの違いなんて誤差の範囲。多少の違いがありますが、大差はありません。どれを選んでも呆れるほど広いですから。じゃあどうやって選ぶか? 見た目が気に入ったらそれを選んでいいと思いますよ。ハズレありません。で、ekスペースですね。僕は親切装備がポイントだと思っています。

【良い点】
 上級セダンやミニバンみたいな後席サイドウインドウの巻き取り式ブラインドで日差しを和らげてくれる&目隠しになって車内で子供の世話をしている様子を社外から見えにくくしてくれたりとか、前後左右4つのカメラを使った俯瞰画像で車両周囲の様子を画面に映して運転を助けてくれるモニターとか、親切装備が満載。実に使いやすいです。そして(日産デイズルークス以外の)ライバルにはない独自装備が、リヤサーキュレーター。実はスーパーハイトワゴン共通の欠点は真夏に後席が歩くなることなのですが、ファンでエアコンの風を後席に送って暑さを和らげようといううれしい装備なのです。真夏後席快適性で、ライバルに一歩リード!

【悪い点】
 男性には似合わないデザインですよね。まあ男性には「カスタムがあるよ」ってことですが。

0

総合評価3.8

投稿者評価

平均

投稿 : 2015年09月30日

三菱eKスペース G DBA-B11A

クルマ評論家

一条 孝

クルマ評論家プロフィール★

長いキャリアに裏打ちされた冷静なクルマ分析を信条とする自動車ジャーナリスト。日本自動車ジャーナリスト教会(AJAJ)会員。

さらなる燃費向上を期待したい!

利用シーン
通勤通学 買い物
オススメ
シニア ファミリー 若者
特徴
乗降 視界 荷室 広い

【総合評価】
 日産と共同で開発され、三菱ブランドで販売されるeKシリーズ第2弾。タント、スペーシアと同じくファミリーユースをターゲットとしたモデルで、ワゴンRクラスよりも大きなキャビンで軽らしからぬゆとりある室内空間が最大のセールスポイント。死角の少ないワイドなグラスエリア、すぐれた取り回し性がもたらす運転のしやすさがeKスペースの美点だ。

【良い点】
 クラストップレベルの室内高のおかげで開放感は抜群。室内の明るいカラーコーディネートも居心地のよさを誘う。多彩なシートアレンジのおかげでかさばる荷物の積載性にも優れている。後席用のシーリングファン、後席からも引き出せる助手席アンダーボックスも実用的だ。

【悪い点】
 ライバル車に対してエンジンノイズが大きめ。パワーフィールも物足りない。しっかり走らせるとエンジンを回し気味になるため、燃費の悪化も気になるところだ。

0

総合評価3.0

投稿者評価

平均

レビューをもっと見る

値引き情報

平均値引き(装備付属品込)
  • 16.5万円
  • 値引き率 13.31
  • 車両本体価格:1,239,8401,690,200

価格交渉方法

写真:松本隆一

すでに発売前の事前商談が始まっている新型N-BOXとの競合に持ち込むこと。タントも有効。ルークス対eKスペースの争いも忘れずに。上級グレードに付属品をたっぷり付けると合計20万円引きを超えることも。買い頃、たたき頃!
(情報提供元:『 月刊自家用車 8月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

$B%Z!<%8%H%C%W(B