三菱 eKスペースの新車カタログ情報

概要

新型eKシリーズ第2弾となるスーパーハイトワゴンタイプの新型軽自動車「eKスペース」。低燃費で高性能な小型・軽量の新世代MIVECエンジンを搭載し、トランスミッションは、CVT(自動無段変速機)を組み合わせる。助手席背面に、折りたたみ式の「助手席シートバックテーブル」を標準装備の「E」、室内の空気を循環させるクラス初「リヤサーキュレーター」を標準装備の「G」を設定。それぞれ2WDと4WDを用意。減速時(約9km/h以下)から自動でエンジンを停止させ、ガソリンの消費を抑えるコーストストップ機能付「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用。2WD車ではJC08モードで26.0km/Lを達成。「快適」、「便利」、「安心」をキーワードに、軽自動車の限られたスペースを最大限に活用し、クラストップの室内高(1400mm)と室内長(2235mm)を実現したほか、軽自動車最長260mmの「リヤシートスライド(左右分割式)」、リヤドアガラスの「ロールサンシェード」など、お子様と家族がクルマで過ごす時間を楽しく優しくサポートする「33の思いやり機能」を採用。エクステリアには、フロント/リヤドアガラス部のベルトラインを低めに設定したことにより、良好な視界と開放感を実現。さらに、ワイドに張り出したリヤバンパーは、安定感を表現するとともに空気抵抗の低減に寄与。インテリアは、艶やかなピアノブラック調のセンターパネルや、視覚的にも広さを感じさせる横基調の縫製シートをコーディネートし、これまでの軽自動車を超える上質感を演出。インストルメントパネルは、中央にオープントレイを設けて上下を分割。安全装備として、滑りやすい路面の走行時や急なハンドル操作時に、車両の不安定な動きや車輪のスリップを防ぐ、スタビリティコントロール機能とトラクションコントロール機能を持った「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を標準装備。さらに、急ブレーキをかけた時やABSが作動した際、自動でハザードランプを高速点滅させ後続車が追突しないように注意を促す「エマージェンシーストップシグナルシステム」を全車に標準装備。ボディカラーは、「アンティークゴールドメタリック」を含む全7色用意。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

価格交渉方法

写真:松本隆一

タントやN_BOXを先行させて揺さぶりをかけると効果的。交渉が煮詰まってきたら日産と三菱の争いを明らかにして一気に攻めること。経営資本の異なる日産や三菱がある地域は同士討ちをあおれ。付属品をたっぷり付けると値引き合計15万円超も。
(情報提供元:『 月刊自家用車7月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

グレード一覧

グレード名 型式 排気量 ドア
シフト 駆動
方式
定員 燃費 価格
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 --- km/l 1,379,160
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 --- km/l 1,259,280
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) フルタイム4WD 4名 --- km/l 1,536,840
DBA-B11A 660cc 5 CVT(無段変速車) FF 4名 --- km/l 1,416,960

※ 燃費表示は10・15モード又は10モード、もしくはJC08モードに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。

値引き情報

平均値引き(装備付属品込)
  • 12.0万円
  • 値引き率 9.53
  • 車両本体価格:1,259,2801,536,840
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
7月号 12万円
6月号 12万円
5月号 12万円
4月号 10万円
値引きのテクニックを学ぼう!価格交渉方法

タントやN_BOXを先行させて揺さぶりをかけると効果的。交渉が煮詰まってきたら日産と三菱の争いを明らかにして一気に攻めること。経営資本の異なる日産や三菱がある地域は同士討ちをあおれ。付属品をたっぷり付けると値引き合計15万円超も。

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

facebook

eKスペース(三菱 eKスペース)の新車カタログ情報ならGoo-net