〜スバル XV 試乗レポート〜|業界ニュースなど最新情報は中古車【グーネット(Goo-net)】のGooMAGAZINE!

新車紹介・試乗インプレッション [2017.06.19 UP]

試乗インプレッション

スバル XV 試乗レポート
スバル XV

試乗
[フルモデルチェンジ]
発表:2017年4月6日
SUBARUコール
TEL:0120-052215
文●工藤貴宏 写真●編集部

最大の魅力は若々しい雰囲気 悪路走破性の高さも誇らしい
REPORT 工藤貴宏
REPORT 工藤貴宏

 「XV」という独立した車名を持つものの、正体はインプレッサスポーツ(5ドアハッチバック)をベースに流行りのクロスオーバーSUVテイストに仕立てたモデル。サスペンション設定などは専用だが、ボディ(金属部分)をはじめエンジンやドライブトレインなど主要メカニズムはインプレッサスポーツと共通である。
 とはいえ、やはり雰囲気は普通のインプレッサスポーツと大きく違う。大径タイヤやリフトアップした車高に加え、専用デザインのフロントグリル&前後バンパー、そして車体下部やタイヤの周辺に装着した「クラッディング」と呼ぶ無塗装の樹脂部品がアウトドアグッズのような無骨さでタフギヤ的イメージを作っているのだ。しかしそれは単にアクティブというだけでなく、カジュアルで若々しさも与えてくれる。
 見た目はSUVだが、今どきのクロスオーバーモデルらしく走りの味付けは舗装路での操縦性や快適性を重視したもの。とはいえ、試乗会で用意されていたオフロードコースでの走りは、はるかに想像を超えるものだった。人が歩くのに苦労するようなぬかるんだ悪路、しかも片輪は雪の上という最悪のコンディションでもノーマルタイヤのままで難なく走り抜けてしまったのだ。この高い走破性は、たとえば雪道を走るときに安全と絶大な信頼感をもたらしてくれる。

■インテリア/エクステリア写真[1]
スバル XV 内装
2Lエンジン搭載車はインパネ周辺にオレンジのアクセントを入れている。前席は身体保持性の高いシートを組み合わせ、後席は先代より空間が拡大した。
■インテリア/エクステリア写真[2]
スバル XV エンジン
エンジンはスバルがこだわる水平対向。排気量2Lに加え、1.6Lも新たに加わった。駆動方式はもちろん、全車とも4WDだ。

スバル XV ラゲッジスペース
Cセグメントのハッチバックとしては広めの385L(後席使用時)。後席背もたれは左右6対4分割で、前へ倒すだけで荷室を拡大できる。

スバル XV 外装
高めた全高により220mmと多くのライバルを凌駕する最低地上高を得ている。ルーフレール非装着車はミニバン非対応の機械式立体駐車場にも入庫可能だ。

スバル XV 2.0i-S アイサイト(CVT)

全長×全幅×全高 4465×1800×1550mm
ホイールベース 2670mm
トレッド前/後 1555/1565mm
車両重量 1440kg
エンジン 水平対向4DOHC
総排気量 1995cc
最高出力 154ps/6000rpm
最大トルク 20.0kg m/4000rpm
JC08モード燃費 16.0km/L
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤ前後 225/55R18

1

ソーシャルでシェアしよう!

Goo-net編集部がオススメする中古車情報!

グーアプリで簡単・便利に

グーアプリ

グーネットが提供するiPhone&アンドロイドアプリで、全国27万台以上の中古車情報をゲットできます!

GooBooks

自動車・バイク購入に関するノウハウを凝縮した記事を読むことができます!

GooPit

GooPit

口コミ、レビュー、整備作業実績から信頼できる掛りつけの整備工場を探せるアプリ。

グーネット SNS公式アカウント

グーネット編集部セレクション

すべてまとめて閲覧する