〜スズキ ソリオ ハイブリッド 試乗レポート〜|業界ニュースなど最新情報は中古車【グーネット(Goo-net)】のGooMAGAZINE!

新車紹介・試乗インプレッション [2017.03.17 UP]

試乗インプレッション

スズキ ソリオ ハイブリッド 試乗レポート
スズキ ソリオ ハイブリッド

試乗
[追加モデル]
発表:2016年11月29日
スズキ(株)お客様相談室
TEL:0120-402-253
文●工藤貴宏 写真●澤田和久

32.0km/Lと優れた燃費はもちろんダイレクトな走りが好印象
REPORT 工藤貴宏
REPORT 工藤貴宏

 ソリオに新しいハイブリッドモデルが加わった。といっても同車には従来からハイブリッド車があったのだが、それは「モーター機能付き発電機」と小さなバッテリーを搭載した「マイルドハイブリッド」と呼ばれるタイプ。今回はより強力なモーターと大きなバッテリーを組み合わせた「フルハイブリッド」と呼ばれる高機能版となるのが違いだ。モーターの力が強くなったことで、60km/h以下でアクセル一定の際はエンジンを止めてモーターだけで走れるようにもなっている。
 注目はマイルドハイブリッドに対して4.2km/L(JC08モード)増した燃費向上。システムがコンパクトな構造だから居住スペースに一切の犠牲を強いないのも大きく評価できる部分である。
 走らせてみると、その走行感覚は従来型とずいぶん違う。CVTを組み合わせる従来型は変速ショックのない加速だったが、AGSと呼ぶ自動変速MTを使うフルハイブリッドは明確な変速の息継ぎがある。しかしパワー感があり、アクセル操作にリニアに反応する加速感は運転好きにとってはドライビングプレジャーを感じさせるものだ。
 ちょっと悩ましいのはその立ち位置。たしかに燃費に優れるフルハイブリッドだが、マイルドハイブリッドで装備がほぼ同じグレードと比べると約20万円高いのである。マイルドハイブリッドでも完成度と燃費が良好なだけに選択が悩ましい。

■インテリア/エクステリア写真[1]
スズキ ソリオ ハイブリッド 内装
フルハイブリッドモデルはハイブリッドシステムの出力/回生を示す表示を加えた専用メーターを採用。それにしても室内の広さには驚かされる。

スズキ ソリオ ハイブリッド エンジン
モーターはトランスミッションに取り付けられていて、エンジンを止めての走行ではクラッチで駆動系をエンジンと切り離す仕掛けだ。

■インテリア/エクステリア写真[2]
スズキ ソリオ ハイブリッド ラゲッジスペース
荷室は床上部分に関しては従来モデルと同じ広さを確保。あまり広くないが、荷物が多いときは後席を前に出すか格納して対応する。

スズキ ソリオ ハイブリッド 外装
スタイリングでの従来モデルとの違いはエンブレム程度。デザインは標準仕様(写真)に加えエアロ仕様の「バンディット」も用意され、好みで選べる。

スズキ ソリオ HYBRID SZ(CVT)

全長×全幅×全高 3710×1625×1745mm
ホイールベース 2480mm
トレッド前/後 1435/1440mm
車両重量 990kg
エンジン 直4DOHC
総排気量 1242cc
エンジン最高出力 91ps/6000rpm
エンジン最大トルク 12.0kg m/4400rpm
モーター最高出力 13.6ps
モーター最大トルク 3.1kg m
JC08モード燃費 32.0km/L
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ドラム
タイヤ前後 165/65R15

1

ソーシャルでシェアしよう!

Goo-net編集部がオススメする中古車情報!

グーアプリで簡単・便利に

グーアプリ

グーネットが提供するiPhone&アンドロイドアプリで、全国27万台以上の中古車情報をゲットできます!

GooBooks

自動車・バイク購入に関するノウハウを凝縮した記事を読むことができます!

GooPit

GooPit

口コミ、レビュー、整備作業実績から信頼できる掛りつけの整備工場を探せるアプリ。

Goo-net SNS公式アカウント

グーネット編集部セレクション

すべてまとめて閲覧する