初心者が雪道を運転する際のコツや注意点

エディターズピックアップ [2017.01.11 UP]

初心者が雪道を運転する際のコツや注意点

初心者が雪道を運転する際のコツや注意点
goo-net編集チーム

冬になると、頻繁に気温が氷点下になるような降雪地域では、
天気の良い日であっても道路上には雪が積もり、
アスファルトが露出している道でも至る所が凍結していたりします。

雪道の運転は熟練したドライバーでも不安に感じることが多いですが、
コツや注意点をおさえていれば、
免許を取りたての初心者であっても事故を防ぐことができると言えます。

車の運転初心者の方が雪道を運転する際のコツや注意点を見ていきましょう。

初心者が雪道を運転するコツとは?

まず初心者が雪道を安全に走行するためのコツとしては、
乾いた道を走る時より速度を落として運転し、車間距離を広めにとることです。

雪道では雨で濡れた道を通る場合よりタイヤの摩擦力が落ち、制動距離が長くなるため、
乾いた道と同じ感覚で走行すると、スリップしてしまったり、
目の前で起こったトラブルを回避できず、事故につながるおそれがあります。

また、必要な時以外の車線変更を極力避けることも、安全走行のためのポイントです。

初心者が雪道を運転する際には、特にどんな場所での運転に注意が必要?


寒冷地ではどんな場所でも慎重な運転を心掛けなければなりませんが、
圧雪アイスバーンやミラーバーンの状態になっている場所については、
通常の凍結路や積雪路を走行する時以上に注意して運転する必要があります。

また夜間も、見た目は普通の舗装路であっても、
薄く氷の膜が張ったブラックアイスバーンと呼ばれる状態になっていることがあるので、
慎重な運転が必要です。

万が一滑ってしまったらどうすれば良い?

雪道を走行中のブレーキ中にスリップした場合、
ABSが搭載されていれば、そのままブレーキペダルを踏み続ければ停止することができます。

ABSが非装着の場合は、
ポンピングブレーキで路面の状態をみながら何度かブレーキペダルを踏みなおすことで減速します。

但し、強くブレーキを踏みつけると簡単にタイヤはロックしてしまうので、
慎重にブレーキ操作をする必要があります。

一方、走行中にスリップが起こった場合は、
アクセルペダルを離さずに、後輪が流れていく方向にハンドルを切り、
スリップが収まりだしたらゆっくりハンドルを戻す、
カウンターステアと呼ばれるテクニックを使います。

しかしながら、カウンターステアは難易度が高い操作なので、
一般的にはエンジンブレーキとフットブレーキを併用しながら、
減速しスリップ状態から脱出することが最善だと言えます。

雪道走行での事前の準備は必要?

雪が降る時期が近づいたら、タイヤはスタッドレスタイヤに、
ワイパーも全体がゴムで覆われた冬用のものに交換し、
車内に雪かき棒を常備しておきましょう。

地域や使用している車両によってはこれだけでも十分ひと冬を乗り切ることができますが、
不測の事態に備えたい場合は、バッテリーケーブルやタイヤチェーンなども用意すると良いです。

また、雪道の走行が初めてであれば、
自宅周辺の道で練習走行をして慣れておくことも重要です。

初心者が雪道を運転する際の注意点とは?

冬道を走行する際には、普段運転する時以上に無理な走行をしないように気をつけましょう。

急な加減速、急ハンドル、急ブレーキはスリップやスピンの原因となり、
近くに車があると衝突事故を起こすおそれがあるので、絶対にやめましょう。

また、雪が積もると市街地の道路にはわだちができやすくなりますが、
このような道を通る際はみだりに追い越しや車線変更をせず、
わだちに沿って走ることが事故を防ぐポイントです。

1

ソーシャルでシェアしよう!

Goo-net編集部がオススメする中古車情報!

Gooアプリで簡単・便利に

Gooアプリ

Goo-netが提供するiPhone&アンドロイドアプリで、全国27万台以上の中古車情報をゲットできます!

GooBooks

自動車・バイク購入に関するノウハウを凝縮した記事を読むことができます!

GooPit

GooPit

口コミ、レビュー、整備作業実績から信頼できる掛りつけの整備工場を探せるアプリ。

Goo-net SNS公式アカウント

Goo-net編集部セレクション

すべてまとめて閲覧する