〜泣く子も黙るユーロNCAP20周年記念のローバー100とホンダ フィットの対決動画がヤバい〜|業界ニュースなど最新情報は中古車【グーネット(Goo-net)】のGooMAGAZINE!

世界のクルマの話題です! [2017.06.15 UP]

泣く子も黙るユーロNCAP20周年記念のローバー100とホンダ フィットの対決動画がヤバい

 「厳しいクラッシュテスト」として世界的に認知されている「ユーロNCAP(ヨーロッパ新車アセスメントプログラム)」。独立した消費者団体によって行われるこの自動車安全テストは、評価のハードルを引き上げながら、自動車メーカー、部品メーカーに対して、より安全なクルマ作りをうながす存在となっています。守るべきはユーザー(消費者)の安全、妥協を配した厳しさ、透明性が、広く信頼を集めています。

 そのユーロNCAPも誕生して20年。これまで数多くのモデルをテストしてきましたが、二十歳を祝う記念動画は、やはりクラッシュテスト映像。

 ユーロNCAPと同い年、1997年製の「ローバー100」と2015年モデルの「ホンダ フィット(欧州名ジャズ)」の比較映像です。

 まずは、実際のスピードでテスト映像を再生。新旧コンパクトカー対決はいかに。

 次にローバー100のテスト映像をスーパースロー再生します。正面からフロント部分がキレイに潰れていきます。衝撃を吸収しているのでしょう……。

 いや、違いました! エアバッグは開くもドライバー役のダミー人形の頭部は、それを外れてフレーム部に強打。乗員の安全は保たれていません。残念ながら。

 いっぽう、こちらはホンダ フィット。エアバッグもきちんと機能しています!

 同じようにフロントが壊れていても、両車のキャビンの安全性には、大きな違いがありました。

 安全性の比較。それにしても隔世の感がありますね。ユーロNCAPが示したかったのは、「クルマは、この20年間でこんなに安全になりました」ということだったのですね。しかし、そこには、テスト結果を真摯に受け止め、安全性の向上に努めてくれた自動車メーカーや部品メーカーへの感謝、そしてそこに、自らの存在意義も控えめにアピールしているように思えます。

 これからも、ユーザーのために、厳しくテストを行っていただきたいものですね。

1

ソーシャルでシェアしよう!

Goo-net編集部がオススメする中古車情報!

グーアプリで簡単・便利に

グーアプリ

グーネットが提供するiPhone&アンドロイドアプリで、全国27万台以上の中古車情報をゲットできます!

GooBooks

自動車・バイク購入に関するノウハウを凝縮した記事を読むことができます!

GooPit

GooPit

口コミ、レビュー、整備作業実績から信頼できる掛りつけの整備工場を探せるアプリ。

Goo-net SNS公式アカウント

グーネット編集部セレクション

すべてまとめて閲覧する