クルマのお役立ち情報[2017.01.26 UP]

CAR LIFE:2
ほしいのは、遊びと暮らしの幅を豊かに広げてくれるSUV

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セダンの快適性とワゴンの積載性、そしてクロカンの走破性を1台にミックスさせたSUVは、究極のレジャーカーとして人気。とくに輸入車のSUVは各ブランドごとの個性が反映され、走りや性能、デザインが差別化されており、魅力的なモデルが多数登場している。

JAGUAR F-PACE

プレミアムSUVセグメントに颯爽登場。優雅さと高い運動性能はまさしくジャガー

ジャガー Fペース ジャガー Fペース

 これまでセダンとスポーツカーで商品を構成してきたジャガーにとって新しい挑戦となるFペース。そのキャラクター性は、徹底したオンロード志向で、まるでスポーツセダンのような身のこなしが自慢。アルミ製ボディを中核になすメカニズムは今後のジャガー車に展開されていく最新世代のもの。もちろん、オフロード性能についても、同門にランドローバーというスペシャリストがいるだけあって本格的だ。

ジャガー Fペース

ジャガー Fペース

ジャガー Fペース

プロが薦める理由

●ジャガーに期待される優雅さ、速さを備える

●SUV界のスポーツカーと呼べる走りのよさ

●2Lディーゼルターボは経済性も高い

グラフ
ジャガー Fペース 20dプレステージ(8速AT)

全長×全幅×全高 4740×1935×1665mm
ホイールベース 2875mm
トレッド前/後 1640/1655mm
車両重量 1920kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
総排気量 1999cc
JC08モード燃費 15.8km/L
最高出力 180ps/4000rpm
最大トルク 43.8kg m/1750-2500rpm
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 255/60R18
新車価格 639万円〜981万円(全グレード)

VOLVO XC90

これからのボルボをひと足先に体感できる先進性にあふれる設計

ボルボ XC90 ボルボ XC90

 12年ぶりに全面改良されたXC90は、車体骨格を含めたすべてが新世代のものに置き換えられた。その象徴となるのが、SPAと名付けられたプラットフォームで、これによりガソリン、ディーゼル、ハイブリッドといった異なるパワートレーンがほぼ同時期に投入できるようになった。とくにプラグインハイブリッドのT8は、モーターのみでの走行を可能とし、静粛性や加速性能を優れた燃費と両立している。

ボルボ XC90

ボルボ XC90

ボルボ XC90

ボルボ XC90

ボルボ XC90

プロが薦める理由

●すべてが一新されたメカニズム

●3列シートを備える高いユーティリティ性能

●個性的で上質さを備える美しいデザイン

グラフ
ボルボ XC90 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション(8速AT)

全長×全幅×全高 4950×1960×1760mm
ホイールベース 2985mm
トレッド前/後 1675/1680mm
車両重量 2340kg
エンジン 直4DOHCターボ+SC+モーター
総排気量 1968cc
JC08モード燃費 15.3km/L
エンジン最高出力 320ps/5700rpm
エンジン最大トルク 40.8kg m/2200-5400rpm
モーター最高出力 30ps・38ps
モーター最大トルク 16.3kg m・24.4kg m
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 275/40R21
新車価格 774万円〜1009万円(全グレード)

CAR LIFE:3
クルマ社会の最先端をひと足先に体験できるサルーン

 3BOXは長くクルマにとって基本的なボディ形状であり、なおかつフォーマルな存在であるため、プレミアムブランドの中核モデルとして君臨してきた。だからこそ、各メーカーは威信をかけて最先端の技術と見識をサルーンに盛り込んでくるのだ。

AUDI A4

新世代となったメカニズムと安全技術をクールなスタイリングで包む

アウディ A4 アウディ A4

 先代モデルに対して全長と全幅を拡大し、車格と室内のゆとりがアップ。「MLB evo」と名付けられた新世代プラットフォームにエンジンもアトキンソンサイクルを使う新設計と、車両の基本性能を大幅にジャンプアップさせた。さらに、ステアリング操作も補助する「レーンキープアシスト」やカメラが対向車や先行者を検知し、自動的に配光を調整するマトリクスヘッドライトなど先進装備を多数導入する。

アウディ A4

アウディ A4

アウディ A4

アウディ A4

プロが薦める理由

●ボディサイズを拡大しつつも軽量化を果たした車体

●より使いやすく、先進性を増したインテリア

●予防安全技術についても最新の内容を搭載

グラフ
アウディ A4 2.0TFSIクワトロ(7速AT・Sトロニック)

全長×全幅×全高 4735×1840×1430mm
ホイールベース 2825mm
トレッド前/後 1565/1550mm
車両重量 1610kg
エンジン 直4DOHCターボ
総排気量 1984cc
JC08モード燃費 12.5km/L
最高出力 252ps/5000-6000rpm
最大トルク 37.7kg m/1600-4500rpm
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
タイヤサイズ前後 225/50R17
新車価格 447万円〜597万円(S・RSを除くセダン)

MERCEDES-BENZ E-Class

クルマを知能化させることで「事故ゼロ」を目指すインテリジェントドライブを採用

メルセデス・ベンツ Eクラス メルセデス・ベンツ Eクラス

 メルセデスの代名詞ともなっている「レーダーセーフティ」が進化し、将来の自動運転を想起させる高度な運転支援を実現させた新世代のEクラス。コックピットの眼前に広がるワイドな液晶モニターには、速度などといった情報に加えて、運転支援技術に関わる各種項目が表示されるが、その内容は洗練されておりドライバーは自然になじむことができる。アルミを多用したボディやエアサスなど見どころは多い。

メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデス・ベンツ Eクラス

プロが薦める理由

グラフ

●世界をリードする高度な運転支援技術

●全体的にレベルアップした基本性能

●未来を感じさせるインテリアのディスプレイ

メルセデス・ベンツ E200 アバンギャルド(9速AT)

全長×全幅×全高 4930×1850×1455mm
ホイールベース 2940mm
トレッド前/後 1605/1610mm
車両重量 1670kg
エンジン 直4DOHCターボ
総排気量 1991cc
JC08モード燃費 14.7km/L
最高出力 184ps/1200-4000rpm
最大トルク 30.6kg m/1200-4000rpm
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 225/55R17
新車価格 675万円〜988万円(AMGを除く・セダンのみ)

※ナンバープレートはすべて、はめ込み合成です。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加