車検・メンテナンス[2015.01.05 UP]

車のエアコンの臭いの原因と対策・修理

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
車のエアコンの臭いの原因と対策・修理 goo-net編集チーム

春や秋は過ごしやすい気候ですから、カーエアコンよりも、
窓を開けて自然の風を感じることって多いですよね。
その方がガソリンの節約にもなりますし、なにより気持ちいいですよね。

しばらくして、暑くなったり寒くなったりして、
久しぶりにカーエアコンのスイッチを入れると、
“く…臭いっ!”
ってこと、よくあるとおもいます。

カーエアコンの臭いの原因や、その対処法などを紹介していきます。

カーエアコンの臭いの原因

臭いの原因はズバリ「カビ(雑菌)」です(ヘビースモーカーの車はタバコの臭いもあります)。
家のエアコンの室外機から水が滴っている事って、よくありますよね。
カーエアコンも同じです。

エアコンをつけている時は、外気との温度差で水滴が発生します。
車を駐車してエンジンを切れば、びしょ濡れのエバポレータ(カーエアコンの部品)を、
湿った暗いところにそのまま放置することになります。

そうすれば、当然、カビや雑菌が発生してしまうのです。
車の駐車状況や保管状況によって、
カビが発生しやすいかどうかは大きく左右されることになります。

車を買ったディーラーに、
“買ってから1年も経たないうちにエアコンから臭い風がくるんだけど!”
と文句を言っても、ディーラーが困ってしまうのでやめましょう。

なぜかというと、
「買ってから1度しか着ていない服を、洗って部屋干ししたら臭くなったから、買った店に文句を言いにいった」
と同じような事を、ディーラーに言っているのと変わらないからです。

つまり、カーエアコンが臭うのは、使い方次第で誰しもがありえることで、
持ち主が対処しなければならない問題なのです。

臭いを放っておいた場合の影響

カーエアコンがカビだらけだと、
車内中にカビの胞子をまき散らしているようなものです。

“臭いからいやだ”といった気持ち的なことだけではなく、
気管支ぜんそくやアレルギーなど、様々な症状を引き起こす原因になる可能性があります。

カーエアコンの臭いの対処法

“これからどうしても出かけなくてはいけないのに、この臭い、どうしよう…”
という場合、応急処置としては、

1.エアコンのスイッチを切る
2.暖房運転で一番強い強風にする
3.そのまま臭いが無くなるまで待つ

という方法です。

これでエアコン内部のカビの根を絶やして、水分を蒸発させるのです。
早いと1分〜2分で改善するようです。
時間があるならば、出かける前に5分〜10分ほどそのまま放置すれば良いでしょう。

時間が出来たら、すぐに車屋さんに出すのではなく、カー用品店にいきましょう。
そこで、「カーエアコン用のスチーム消臭剤」を買うのです。

商品の説明をよく読む必要はありますが、だいたいはこんな感じです。

1.助手席の足元に商品を置く
2.エアコンをONにして説明書の通りに設定する
3.10分ほどそのまま放置
4.終わったら窓を開けて換気する

3分ほど換気すればいいようですが、そのまま乗車するには気分が悪くなる方もいるようです。
おススメは、夕方実施して一晩おくという方法です。

しかし、エアコンフィルターのない車では、
スチーム洗浄剤の効果があまり感じられないそうですので、
その場合はエバポレータの洗浄が一番効果的でしょう。

カーエアコンの臭い対策

真夏に炎天下の下で駐車する場合は、
エバポレーター内も暑くなってカビは発生しにくい状況です。

しかし、エアコンをつけて走行していて、
夜にエンジンを切る時や、ガレージなどの暗所に車を駐車する場合、
エバポレーダーは水分がある状態で放置されてしまい、
カビが発生しやすい状況に置かれてしまいます。

そんなとき、車のエンジンを切る前に、応急処置の際にするように、
温度の高い状態で強風運転することで、内部を乾燥させることができます。
しばらくすると、吹き出し口から出てくる風に湿り気がなくなってきます。
10分もすれば安心です。

盗難などの心配がない場所でしたら、
助手席の窓をほんの少し開けておくと、室内に湿気が充満することを防げます。
ですが、青空駐車の場合は盗難や雨の心配などがあるため、
あまりおススメできない方法です。

カーエアコンの臭いに対する対策・修理方法

最近の車にはエアコンフィルターがついており、
それを交換することで臭いが劇的に改善するようです。

フィルターはカー用品店で売っていますし(光触媒エアコンフィルターは、洗って繰り返し使える)、
エアコン洗浄スプレーも購入できます。

また、フィルター交換も説明書を見れば自分でできます。

最近では、ネットでフィルター交換作業や内部の洗浄方法や、
作業工程などを動画で見ることができるので、素人でも簡単にチャレンジできます。

自分ではどうにもならない場合や、
自分でするのが面倒な方は、プロに任せることになります。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント