試乗記[2017.08.17 UP]

ルノー ルーテシア R.S. 試乗レポート

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ルノー ルーテシア R.S.

走りの楽しさが凝縮したフレンチロケット

 小粋なフレンチコンパクトであるルーテシアを、F1などモータースポーツの現場で活躍した手練れのエンジニアたちが腕を振るい、走りの資質を磨き上げたのがルーテシア R.S.(ルノー・スポール)。乗るたび、走らせるたびにほしくなる、そんなクルマだ。

 200馬力を発揮する1.6L直噴ターボエンジンは、パワフルなだけでなく全域でコントローラブルで、組み合わせられるデュアルクラッチ式の6速ATは変速比もしっかりクロスレシオ。だから、試乗会の舞台となった箱根ターンパイクのようなステージを走らせると、上りも下りも、攻めてもゆっくり流しても本当に気持ちがいい。コーナリング中に路面の段差を乗り越えるようなシチュエーションでも、バンプストップラバーの代わりに小さなダンパーを組み込んだというフロントサスペンションは、しっかりと路面を捉え続ける。走りのポテンシャルは、デビュー4年目のいまでも間違いなく一級品。

ルノー ルーテシア R.S.

 今回のマイナーチェンジでは、走りに関しては好評だった従来型を引き継ぎつつ、さらにファン層を広げるべく内外装を中心に手が加えられた。もっとも大きな違いとなるのがフロントマスクで、ヘッドライトがフルLED化され、さらにバンパー内に「R.S.ビジョン」と名付けられたライトユニットが導入された。これは、ルノースポールを象徴するフラッグ模様を形どったもので、ポジションランプ、フォグランプ、ハイビーム(ヘッドライトと連動)、コーナリングランプの役割を果たす。機能とデザインが融合した秀逸なアイデアである。

 なお、グレード体系にも変更があった。辛口のトロフィー、バランス型のシャシーカップ、そして284万円という魅力的なプライスで間口を大きく広げたシャシースポールという組み合わせ。マニアだけでなく、幅広いユーザーにこのよさを味わってもらいたい、そう思わせてくれるクルマだ。

文と写真●GooWORLD
問い合わせ ルノーコール TEL:0120-676-365

Detail Check

ルノー ルーテシア R.S.(コックピット)

コックピット

インテリアの変更点はセンターコンソールで、ピアノブラック仕上げで質感を向上。試乗車にはディーラーオプションのナビが装着されていた。トロフィーとシャシーカップには7インチのタッチスクリーンを標準装備する。

ルノー ルーテシア R.S.(インテリア)

インテリア

R.S.のロゴが赤糸で刺繍されたシートは、表皮がすべりにくいものに変更。赤いシートベルトとともにドライバーのスポーツマインドを刺激するデザインだ。

ルノー ルーテシア R.S.(エンジン)

エンジン

パワートレーンは変更なしで最高出力200馬力を維持。トロフィーはさらにチューニングされて出力は20馬力アップとなる。

ルノー ルーテシア R.S.(ラゲッジスペース)

ラゲッジスペース

荷室容量は300Lで後席も4対6の可倒分割式と実用性はしっかり確保。スペアタイヤレスでパンク修理キットを搭載する。

主要諸元:ルノー ルーテシア R.S. シャシーカップ(6速AT・EDC)

全長×全幅×全高 4105×1750×1435mm
ホイールベース 2600mm
トレッド前/後 1505/1500mm
車両重量 1280kg
エンジン 直4DOHCターボ
総排気量 1618cc
最高出力 200ps/6000rpm
最大トルク 24.5kg m/1750rpm
サスペンション前/後 ストラット/トレーリングアーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
タイヤサイズ前後 205/40R18

全国メーカー希望小売価格(発売 2017年7月)

ルーテシア R.S.シャシースポール(6速AT・EDC) 284万円
ルーテシア R.S.シャシーカップ(6速AT・EDC) 309万円
ルーテシア R.S.トロフィー(6速AT・EDC) 329万円

Body Color

 ジョン シリウスM  □ブラン グラシエ  ルージュフラムM
 ノワール プロフォンM  グリ プラティヌM
※Mはメタリック

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント