クルマのお役立ち情報[2017.06.01 UP]

Chapter3 Diesel
「ディーゼルはエコ」という認識の一大転換を起こす
BMW 320d

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の主役はディーゼル その紛れもない事実

BMW 320d ビー・エム・ダブリュー 320d

 将来的にはPHVなど電動化が進むことになるだろうが、いま現在では欧州ブランドのクリーンディーゼルは大いに魅力をもっている。車両価格や低燃費、安い軽油、頼もしく疲れにくい走りなど、どれをとってもハイレベルだからだ。

 とくにBMWは、日本での販売比率が高い。「スポーティなBMWにはガソリンのほうがふさわしいのでは?」という声も聞かれるが、いちど乗ってみてほしい。ディーゼルでも吹け上がりはスムーズかつシャープ。ガソリン直6のようにはいかないが、ライバルたちに比べれば格段にスポーティなのだ。さらに、ZF製8速ATとのマッチングも素晴らしく、ドライバビリティも完璧。街中をゆっくりと流すとき、ちょっと急ぐときなど、ドライバーの意志が右足の動きできっちりと伝えられる。

 320dなら、燃費は高速道路で20km/Lを超え、トータルで16.17km/Lほどと優秀。M3など特別なモデルねらいでないなら、ディーゼルが本命となるはずだ。

文●石井昌道 写真●GooWORLD

BMW 320d

スポーツモデルさながらのコクピットは、ドライバーのテンションを高めてくれる。「ディーゼルのセダン」もBMWならばこんなにスポーティだ。

Check

BMW 320d
日本、そしてBMWの常識を打ち破る

 ディーゼルブームの火付け役ともいえる存在がこの「320d」。輸入車随一の充実ぶりを見せるBMW 3シリーズにあって、圧倒的な人気を誇っている。力感あふれる走りと、優秀な燃費というディーゼルモデル本来の魅力に加えて、スポーティなレスポンスも備える、バランスに優れたユニットといえる。

BMW 320d スポーツ(8速AT)

全長×全幅×全高 4645×1800×1440mm
ホイールベース 2810mm
トレッド前/後 1530/1570mm
車両重量 1570kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
総排気量 1995cc
最高出力 190ps/4000rpm
最大トルク 40.8kg m/1750-2500rpm
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 5リンク
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 225/50R17
新車価格 532万円〜577万円(セダン320dのみ)

Column 欧州で人気の、コストを超えた「走り」の魅力

欧州で人気の、コストを超えた「走り」の魅力

 ディーゼルモデルはヨーロッパにおいてはまさに「主役」と言える存在である。しかし、注目すべきはヨーロッパの多くの国において、ディーゼルの燃料となる軽油の価格が安くないという事実。ハイオクとほぼ変わらない金額なのである。つまりユーザーは、長距離移動、高速移動が多い道路事情に合致しているからディーゼルを選ぶのだ。

写真●GooWORLD

欧州で人気の、コストを超えた「走り」の魅力

※ナンバープレートは、はめ込み合成です。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加