試乗記[2017.04.20 UP]

シトロエン グランド C4 ピカソ 試乗レポート

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シトロエン グランド C4 ピカソ

ミニバンを使いこなすひとのディーゼル仕様

 フランス車ならではのおしゃれな雰囲気と開放感あふれるルーミーな室内で人気を集めているC4ピカソおよびグランドC4ピカソが、マイナーチェンジを受けて登場。さらに待望のクリーンディーゼルエンジンが搭載された。

 新型では、これまでC4とグランドC4で分けられていたフロントフェイスを統一。印象的な「細目」を演出するLEDランプはそのままに、ヘッドライトユニットの周囲をブラックトリムで縁取ることで、より洗練された高級感のある顔つきを実現。フォグランプユニットとバンパー開口部はひとつのグリルのようなデザインとなり、よりワイドさを演出する。グランドC4ピカソではルーフレールを明るいシルバーにすることで、サイドビューのデザインテーマがより明確に表現。テールランプも3D効果をねらった立体感のある、新しさを感じさせるものとなった。

 注目はパワーパックの改良で、待望のディーゼルユニットが選択可能となった。これは、PSAグループが開発した「BlueHDi」の2L版で、ハッチバックのC4が1.6Lだったのに対して排気量により余裕を持たせた設定。燃費性能も18.0km/L(JC08モード)と、国産ミニバンと比べても優秀だ。

シトロエン グランド C4 ピカソ

 実際に走らせてみると、このエンジンはグランドC4ピカソのよさを際立たせてくれるものだった。車体が大きく、ひとや荷物を満載して長距離を出かけるシーンもあるミニバンにとって、低速から力強く発進し、巡航時も回転数が低く抑えられるディーゼルエンジンは好マッチング。しなやかな足まわりもフランス車のイメージに合うもので、グランドC4ピカソならではの魅力がたしかにある。

 1.6Lターボとの価格差は25万円。軽油がハイオクに比べると2割以上割安になることを考えると、372万円というディーゼル仕様は、コストパフォーマンスの高い選択になりそうだ。

文●GooWORLD 写真●澤田和久、北川 泉
問い合わせ シトロエン コール TEL:0120-55-4106

Detail Check

シトロエン グランド C4 ピカソ(コックピット)

コックピット

パノラミックな視界の広さが印象的なインテリア。視線移動が少なくて済む位置の12インチワイド画面に車両の情報を表示。下の7インチタッチスクリーンにはナビやエアコンなど日常的に操作する機能が集約される。

シトロエン グランド C4 ピカソ(インテリア)

インテリア

輸入車では希少な3列シート。7席すべてが独立しており、レバー操作でリクライニングや前後スライドが可能。また、3列目はフラットに収納される。

シトロエン グランド C4 ピカソ(エンジン)

エンジン

最高出力150馬力、最大トルク37.7Kgmを発生させる新型2Lディーゼルターボユニット。低燃費と性能を両立。

シトロエン グランド C4 ピカソ(ラゲッジルーム)

ラゲッジルーム

ヘッドレストはそのまま、ワンアクションで収納状態に格納される。ラゲッジは開口部面積も広く、スクエアで使いやすい。

主要諸元:シトロエン グランドC4ピカソ シャイン フィール ブルーHDi(6速AT)

全長×全幅×全高 4605×1825×1670mm
ホイールベース 2840mm
トレッド前/後 1575/1585mm
車両重量 1660kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
総排気量 1997cc
最高出力 150ps/4000rpm
最大トルク 37.7kg m/2000rpm
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
タイヤサイズ前後 205/55R17

全国メーカー希望小売価格(発売 2016年11月)

グランドC4ピカソ シャイン フィール ブルーHDi(6速AT) 372万円

Body Color

 □ブラン バンキーズ  ノアール オニキス  ルージュ ルビ
 ブルー テレス

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント